南西ソマリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南西ソマリア
Koonfur-Galbeed Soomaaliya  (ソマリ語)

2002年–2006年
 

国旗

首都 バイドア
政府 自己宣言した状態
歴史
 - 成立宣言 2002年4月1日
 - 消滅 2006年2月10日

南西ソマリア(なんせいソマリア、Southwestern Somalia)は、ソマリア暫定国民政府と対立する有力氏族でつくるソマリア和解再生評議会英語版(SRRC)が、2002年4月1日にソマリア南西部の要衝であるバイドア首都として樹立した自治政府、およびその自治政府が治めていた地域の呼称。

自治政府大統領にはSRRCの共同議長の1人であるハサン・ムハンマド・ヌール・シャティグドゥド英語版が就任。ソマリアで分離状態にする形で独立・自治宣言をした例はこれで3例目であった。1例目のソマリランドと違い、ソマリアとの連邦制による再統合には賛意を表明していた。現在では自治の考えを放棄し、新たに作られたソマリア暫定連邦政府に全権を移譲している。

2004年ケニアナイロビに発足した暫定連邦政府にシャティグドゥド大統領が農相として入閣。この暫定連邦政府はプントランドアブドゥラヒ・ユスフが率いており、ソマリランド以外の全勢力が協力体制に入ったことから、有効な中央政府発足に向けての足がかりとなるか注目されていたが、2006年6月にソマリア首都モガディシュを占領したイスラム法廷会議に、首都バイドアを度々攻撃されるなど、南西ソマリアは安定とは言いがたくなった。2006年12月には、暫定政府を支援するアフリカ連合軍の進入阻止のために、イスラム法廷会議が南西ソマリアの港湾都市キスマユを制圧したが、暫定政府側が反攻を宣言し、2007年1月1日に奪還、法廷会議軍はケニア国境に向けて敗走し、暫定政府は北部のソマリランド支配地域を除くソマリア全土を掌握したと宣言した。

関連項目[編集]