動物の性行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

動物の性行動(どうぶつのせいこうどう)には同じ種のあいだでさえ様々な形態がある。研究者は一夫一婦あるいは多妻、種を越えた交尾、物体または場所による性的覚醒、強迫または強制によると思われる交尾、死んだ個体との交尾、同性愛的・異性愛的・両性愛的行動、状況に応じた性行動などを観察してきた。関連する研究は間性およびトランスジェンダーの動物のように肉体の性別および行動のジェンダーにおける多様性をしめしている。

動物の性に関する研究(とくに霊長類の性研究)は急速に発達した分野である。以前は人間および一握りの種だけが生殖とは関係のない性行為をおこない、動物の性は本能的であり、視覚や嗅覚への「適当な」刺激に反応しているだけだと信じられていた。

しかし、現在ではつぎのようなことがわかっている。単婚だと信じられていた多くの種が今や元来一夫多妻または日和見主義だと証明されている。広範囲の種が自慰をなし、自慰の際には道具となる物体をつかうことが明らかになっている。多くの種の動物が生殖を目的としないで、たがいに性的刺激を与えたり受けたりしている。そして、500の種では同性愛的行動も観察されている。

配偶システム[編集]

社会生物学および行動生態学では、配偶システムという用語は動物の社会が性行動に関してどのような構造になっているのかを記述するのに用いられている。配偶システムは、いかなる状況のもとで、どのオスがどのメスとつがいになるのかを明示する。

動物について一般に認識されている配偶システムはつぎのとおりである。

  • 単婚:1頭のオスと1頭のメスが排他的なつがいの関係になる。
  • 複婚:1頭または複数のオスが1頭または複数のメスと排他的な関係をもつ。これにはつぎの3つの類型がある。
    • 一夫多妻:1頭のオスが2頭以上のメスと排他的な関係をもつ。これまで研究されてきた脊椎動物でもっともありふれた複婚的配偶システムである。
    • 一妻多夫:1頭のメスが2頭以上のオスと排他的な関係をもつ。
    • 多夫多妻:2頭以上のオスが2頭以上のメスと排他的な関係をもつ。オスとメスの数はおなじである必要はない。これまで研究されてきた脊椎動物では通常オスのほうが少ない。
  • 乱婚:社会集団内でどのオスとメスもつがいになる。

関連事項[編集]