源信 (僧侶)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
源信
天慶5年(942年) - 寛仁元年6月10日旧暦
942年1017年7月6日新暦〉)
恵心源信像。聖衆来迎寺所蔵
幼名 千菊丸
尊称 恵心僧都源信
(中国天台山より)日本小釈迦源信如来
(親鸞)源信和尚、源信大師
生地 大和国
宗旨 天台宗
宗派 円仁派(山門派)
寺院 比叡山延暦寺横川兜率谷・恵心院
慈慧大師良源(元三大師)
弟子 源賢
著作 往生要集』、
比叡山延暦寺横川兜率谷・恵心廟
恵心院
(比叡山延暦寺横川兜率谷)

源信(げんしん)は、平安時代中期の天台宗恵心僧都(えしんそうず)と尊称される。

浄土真宗では、七高僧の第六祖とされ、源信和尚[1]源信大師と尊称される。

生涯[編集]

※年齢は、数え年。日付は、文献との整合を保つため、旧暦宣明暦)表示(生歿年月日を除く)とした。

天慶5年(942年)、大和国(現在の奈良県)北葛城郡当麻[2]に生まれる。幼名は「千菊丸」。父は卜部正親、母は清原氏

天暦2年(948年)、7歳の時に父と死別。

天暦4年(950年)、信仰心の篤い母の影響により9歳で、比叡山中興の祖慈慧大師良源(通称、元三大師)に入門し、止観業、遮那業を学ぶ。

天暦9年(955年)、得度。

天暦10年(956年)、15歳で『称讃浄土経』を講じ、村上天皇により法華八講の講師の一人に選ばれる。そして、下賜された褒美の品(布帛〈織物〉など)を故郷で暮らす母に送ったところ、母は源信を諌める和歌を添えてその品物を送り返した。その諫言に従い、名利の道を捨てて、横川にある恵心院(現在の建物は、坂本里坊にあった別当大師堂を移築再建)に隠棲し、念仏三昧の求道の道を選ぶ。

母の諫言の和歌 - 「後の世を渡す橋とぞ思ひしに 世渡る僧となるぞ悲しき まことの求道者となり給へ」

永観2年(984年)11月、師・良源が病におかされ、これを機に『往生要集』の撰述に入る。永観3年(985年1月3日、良源は示寂。

寛和元年(985年)3月、『往生要集』脱稿する。

寛弘元年(1004年)、藤原道長が帰依し、権少僧都となる。

寛弘2年(1005年)、母の諫言の通り、名誉を好まず、わずか1年で権少僧都の位を辞退する。

長和3年(1014年)、『阿弥陀経略記』を撰述。

寛仁元年6月10日1017年7月6日)、76歳にて示寂。臨終にあたって阿弥陀如来像の手に結びつけた糸を手にして、合掌しながら入滅した。

著作[編集]

  • 因明論疏四相違略注釈』3巻
  • 往生要集』3巻 - 中国の天台山からも評価され、「日本小釈迦源信如来」と称号を送られる。
  • 一乗要決』3巻
  • 『阿弥陀経略記』
  • 『念仏法語』(『横川法語』)

評価[編集]

浄土真宗の宗祖とされる親鸞は、主著『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』)「行巻」の末尾にある偈頌『正信念仏偈』(『正信偈』)「源信章」で、「源信広開一代教 偏帰安養勧一切 専雑執心判浅深 報化二土正弁立 極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中 煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我」と源信の徳と教えを称えている。また『高僧和讃』において、「源信大師」10首を作成し称讃している。

その他[編集]

紫式部の『源氏物語』、芥川龍之介の『地獄変』に登場する横川の僧都は、源信をモデルにしているとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 和尚は、「かしょう」と読む。
  2. ^ 當摩とも。

参考文献[編集]

  • 石田瑞麿 『親鸞思想と七高僧』 大蔵出版、2001年、新装版。ISBN 4-8043-3057-7
  • 勧学寮 編 『浄土三部経と七祖の教え』 本願寺出版社、2008年ISBN 978-4-89416-792-6
  • 黒田覚忍 『はじめて学ぶ七高僧-親鸞聖人と七高僧の教え』 本願寺出版社、2004年ISBN 4-89416-268-5
  • 教学研究所 編 『真宗宗祖伝』 東本願寺出版部、1982年7月、改訂版。ISBN ---。

外部リンク[編集]