清沢満之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

清沢 満之(きよざわ まんし、文久3年6月26日1863年8月10日〉 - 明治36年〈1903年6月6日)は、日本明治期に活躍した真宗大谷派僧侶哲学者宗教家。旧姓は「徳永」。幼名は「満之助」。院号法名は、「信力院釋現誠」。

生涯[編集]

建峰時代[編集]

尾張藩士、徳永永則の子として、尾張国名古屋(現、名古屋市)に生まれる。英語学校、医学校に入るも、いずれも廃校になり、その方面の道を断念。

1878年2月、得度して真宗大谷派の僧侶となり、東本願寺育英教校に入学、その留学生として東京大学予備門に進み、1887年に東京大学文学部哲学科を首席で卒業。学生時代に、井上円了らと「哲学会」を始め、1887年2月に『哲学会雑誌』を創刊した際には編集に当たる。同年、井上円了による哲学館(現、東洋大学)の創設時には、評議員となり、また心理学及び哲学史を担当する講師となる。大学院では、宗教哲学を専攻。 1888年7月には、真宗大谷派の要請で、当時、同派が経営を委嘱されていた京都府尋常中学校の校長を務め、高倉大学寮にも出講する一方、清沢やす子と結婚し、愛知県碧南市の西方寺の住職となる。

骸骨時代[編集]

京都府尋常中学校校長を辞任する。この頃からミニマム・ポッシブル(Minimum Possible)と呼ばれる最低限の制欲自戒生活を始める。そんな生活を続ける中、学問の面でも『歎異抄』などをよく読み、その自戒生活の実践の中で得意の哲学的を駆使して『宗教哲学骸骨』『他力門哲学骸骨』を執筆する。1892年8月に刊行された『宗教哲学骸骨』は、1893年9月のシカゴ万国宗教大会で英訳されて評判となった。

石水時代[編集]

1894年肺結核を発病し、1896年京都府愛宕郡白川村(現在の京都市左京区)に移り済む。白川党の宗門改革運動を始める。今川覚神稲葉昌丸らと『教界時言』を発刊、東本願寺における近代的な教育制度・組織の確立を期して種々の改革を建議・推進し、しばしば当局者と対立し、宗門からの除名処分を受ける。

臘扇時代[編集]

1898年、宗門よりの除名を解かれ、1899年9月に東京本郷森川の近角常観留守宅にて私塾浩々洞を開き、多田鼎佐々木月樵暁烏敏ら多くの真宗学者、仏教学者を輩出する。1901年、浩々洞にて雑誌『精神界』を創刊。同年、東本願寺が東京巣鴨に開校した真宗大学(後に、高倉大学寮と併合、京都に移されて真宗大谷大学と改称、現、大谷大学)の学監に就任するも、翌年辞任。

浜風時代[編集]

明治36年(1903年)6月6日、肺結核が悪化し、改革の道半ばにして西方寺にて死去、満39歳没。

再発見[編集]

生前、鈴木大拙らに高く評価された清沢であったが、死後長らく忘れ去られていた。清沢が再発見されたのは、戦後になってからで、1965年春「中央公論」4月号座談会「近代日本を創った宗教人100人を選ぶ」で司馬遼太郎が取り上げ、1970年11月中央公論社『日本の名著』第43巻で橋本峰雄が著書を紹介した。このとき、「清沢満之とは誰か。」と多くの問い合わせが寄せられたり、橋本が、西方寺の住職を勤める清沢の孫夫婦にインタビューしたら、「うちのおじいさん、そんなにえらい人やったんですか。」と答えた。

主要な著書[編集]

  • 宗教哲学骸骨
  • 他力門哲学
  • 我が信念(絶筆)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
真宗大学
初代学監:1901-1902
次代:
南条文雄