慧遠 (東晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慧遠
334年 - 416年
Hui Yuan.jpg
盧山の慧遠・『晩笑堂竹荘畫傳』より
生地 雁門郡楼煩県
没地 廬山
寺院 上明寺、西林寺、東林寺
釈道安
著作 『大乗大義章』『沙門不敬王者論

慧遠(えおん、334年 - 416年)は、中国東晋廬山に住んだ高僧代、浄影寺の慧遠と区別して廬山の慧遠とも呼ばれる。俗姓は賈氏。中国仏教界の中心的人物の一人である。

生涯[編集]

雁門郡楼煩県山西省寧武県)出身の人である。21歳で釈道安の元で出家した。道安に随って各地を転々としたが、襄陽に住した時に前秦苻堅が侵攻し、道安を長安に連れ去ったため、慧遠は師と別れて南下し、湖北省荊州上明寺に移った。

その後、江西省潯陽に至って廬山に入り、西林寺、のち東林寺に住した。それ以後30年余り、慧遠は一度も山を出なかったという。この事実を踏まえて創作された「虎渓三笑」の話が知られる。

401年隆安5年)に、鳩摩羅什が関中に入り国師として後秦の都長安に迎え入れられると、慧遠は鳩摩羅什と往復書簡を交わし、新出の経典についての疑問点等をただした。その書簡集が『大乗大義章』である。

402年元興元年)、慧遠は同志123名とともに、廬山山中・般若台の阿弥陀仏像の前で、念仏実践の誓願を立てる。これによって、慧遠は白蓮社の祖と仰がれることとなる。ただし、慧遠の念仏行は、後世の浄土三部経に基づく専修念仏とは異なり、『般舟三昧経』に基づいた禅観の修法であった。

さらに、当時、廬山を含む長江中流域の覇者であった桓玄に対して、仏法は王法に従属しないことを正面きって説いたのが『沙門不敬王者論』である。

持戒堅固な慧遠は戒律の整備にも努め、『十誦律』の翻訳及び普及に尽力した。

著書[編集]

  • 法性論
  • 釈三報論
  • 大智度論抄
  • 沙門不敬王者論
  • 大乗大義章

伝記資料[編集]