ジュディス・バトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュディス・バトラー
judith Butler
ジュディス・バトラー
生誕 1956年2月24日(59歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 西洋哲学
アメリカ合衆国の哲学
学派 大陸哲学
第三波フェミニズム
ポスト構造主義
研究分野 フェミニズムジェンダー人間の性クィア理論
政治哲学
倫理学
精神分析学
ディスクール
ユダヤ哲学
主な概念 社会構築主義としてのジェンダー
Gender performativity
テンプレートを表示

ジュディス・バトラーJudith P. Butler1956年2月24日 - )は、アメリカ合衆国哲学者ジェンダー理論家である。政治哲学倫理学フェミニズムクィア理論の領域にかかわる研究を行っている。現在、カリフォルニア大学バークレー校修辞学比較文学教授

人物・来歴[編集]

1956年、オハイオ州クリーブランドに生まれる。ヘーゲル研究の道を進み、1984年にイェール大学で博士号を取得。同博士論文は1987年に、『欲望の主体――20世紀フランスヘーゲル哲学的省察(Subjects of Desire: Hegelian Reflections in Twentieth-Century France)』として出版された。

1980年後期から西洋フェミニズム理論のポスト構造主義的再定式化の流れに加わり、従来のフェミニズムで用いられてきた言葉の規定性、硬直性を問題にして、そのパフォーマティブな構築性に注目し始めるようになる(パフォーマティビティ論)。

レズビアンであることを公言しており、2006年1月に来日した際には、講演会場はさながらレズビアン・コミュニティーの祭りと化した[1]ユダヤ教改革派の熱心な信者でもあり、ユダヤ系の出自であることを強く意識しており、近年の研究では、ユダヤ哲学に関心を持っている。

思想[編集]

同性愛者であることを自ら公言するジュディス・バトラーは、クイア理論などを用いて、「異性愛は人為的につくりだされたものだ」と主張する。その論拠は同じく同性愛者であるところのフーコーに依拠しながら、性の体制が男女という「二項対立」で構成されていることを「抑圧」だと考えている[2]

『ジェンダー・トラブル』[編集]

同じく同性愛者であるミシェル・フーコーによって先鞭をつけられたジェンダーセクシュアリティ研究を大胆に推し進め、バトラーの理論家としての地位を確立した書物である。

バトラーはジェンダーを文化的に規定された構築物だととらえ、生物学的な性(セックス)とは区別されるものと考える。さらに生物学的な性の概念も、文化的なジェンダーの規範によって重層的に規定されたものであり、文化的なジェンダーによって汚染されていない純粋な性というものはありえないと主張する。すなわち、生物学的な定義だとみなされている性の区別は、文化的なジェンダーのパフォーマンスによって構築されるものだとバトラーは述べる。それゆえ、性的な規範は文化のレヴェルでなされる撹乱行為(サブヴァージョン)によって変化することが可能なものだとされる。

バトラーの以上のような主張は、女性に生得的で固有な権利を確立しようとしてきた旧来のフェミニズムに再考を迫るものであった。バトラーによれば、性差は文化的に構築されるものであって、けっして生物学的に規定されるものではないからである。代わりにバトラーが提案するのは、多様なジェンダー・パフォーマンスによって男/女という抑圧的な二項対立そのものを脱構築していくという、撹乱的な性的実践である。

著作[編集]

単著[編集]

  • Subjects of Desire: Hegelian Reflections in Twentieth-Century France, (Columbia University Press, 1987).
  • Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity, (Routledge, 1990).
竹村和子訳『ジェンダー・トラブル――フェミニズムとアイデンティティの攪乱』(青土社、1999年)
  • Bodies that Matter: On the Discursive Limits of "Sex", (Routledge, 1993).
  • Excitable Speech: A Politics of the Performative, (Routledge, 1997).
竹村和子訳『触発する言葉――言語・権力・行為体』(岩波書店、2004年)
  • The Psychic Life of Power: Theories in Subjection, (Stanford University Press, 1997).
佐藤嘉幸清水知子訳『権力の心的な生――主体化=服従化に関する諸理論』(月曜社、2012年)
  • Antigone's Claim: Kinship between Life & Death, (Columbia University Press, 2000).
竹村和子訳『アンティゴネーの主張――問い直される親族関係』(青土社、2002年)
  • Giving an Account of Oneself: A Critique of Ethical Violence, (Koninklijke Van Gorcum, 2003).
  • Precarious Life: the Powers of Mourning and Violence, (Verso, 2004).
本橋哲也訳『生のあやうさ――哀悼と暴力の政治学』(以文社、2007年)
  • Undoing Gender, (Routledge, 2004).
  • Giving An Account of Oneself, (Fordham University Press, 2005).
佐藤嘉幸清水知子訳『自分自身を説明すること――倫理的暴力の批判』(月曜社、2008年)
  • Frames of war: when is life grievable?, Verso, 2009.
清水晶子訳『戦争の枠組――生はいつ嘆きうるものであるのか』(筑摩書房、2012年)

共著[編集]

  • Contingency, Hegemony, Universality: Contemporary Dialogues on the Left, with Ernesto Laclau and Slavoj Zizek, (Verso, 2000).
エルネスト・ラクラウ、ジュディス・バトラー、スラヴォイ・ジジェク/竹村和子村山敏勝訳『偶発性・ヘゲモニー・普遍性――新しい対抗政治への対話』(青土社、2002年)
  • Who Sings the Nation-State?: Language, Politics, Belonging, with Gayatri Spivak, (Seagull Books, 2007).
竹村和子訳『国家を歌うのは誰か?――グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属』(岩波書店、2008年)

共編著[編集]

  • Feminists Theorize the Political, co-edited with Joan W. Scott, (Routledge, 1992).
  • What's Left of Theory?: New Work on the Politics of Literary Theory, co-edited with John Guillory and Kendall Thomas, (Routledge, 2000).

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代思想 10月臨時増刊 ジュディス・バトラー』
  2. ^ 『フェミニズム理論辞典』明石書店

参考文献[編集]

  • 現代思想 2006年 10月臨時増刊 ジュディス・バトラー

外部リンク[編集]