シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド
شيخ شريف شيخ احمد
Sharif Sheikh Ahmed, 12th AU Summit, 090202-N-0506A-337-2.jpg

任期 2009年1月31日 – 2012年8月20日

出生 1964年7月25日(49歳)
ソマリアの旗 ソマリアジョホール マハダイ
政党 ソマリア再解放連盟英語版

シェイク・シャリフ・シェイク・アフマドソマリ語: Sheekh Shariif Sheekh Axmed, アラビア語: الشيخ شريف شيخ أحمد‎, : Sheikh Sharif Sheikh Ahmed)はソマリア政治家宗教家ソマリア暫定連邦政府最後の大統領を務めた。かつてはイスラム法廷会議(ICU)の指導者でもあった。アフマドはソマリアの中部シャベーラ州英語版で生まれ、リビアスーダンの大学で学んだ。アフマドは当初中等学校地理学アラビア語、宗教を教えていた。アフマドはソマリ語の他、アラビア語と英語ができる。アフマドは、当時首都モガディシュ周辺でもっとも有力だった氏族ハウィエの支族ムドゥロード (enの支族アブガール (enの出身。

教育[編集]

アフマドはエジプトアル=アズハル大学の支援を受けたシェイハ・スーフィ大学(Sheikh Sufi Institute)で学んだ。1992年の後半にスーダンのコルドゥファン大学(Kordufan University)に入学し、2年後の1994年にダランジ大学(University of Dalanj)に名を変えたその大学で主専攻アラビア語、副専攻地理学で学士を取得した。その後はリビアトリポリに移り、通信制大学で1998年法学とイスラーム教シャリーアの学位を取得した。

アフマドは、ハーフィズ、すなわちクルアーンを訛り無しの正当なアラビア語で暗誦できる人と認められた。アフマドの宗教的素養が高まったため、ソマリアでイスラーム神秘主義教団であるイドリース教団(イドリースィーヤ、Idriseeyah)の精神的リーダーとなった。

イスラム法廷会議[編集]

国外留学から戻り、アフマドはイスラム法廷会議(ICU)に参加し、ジョハールの支族会議リーダーに選出された。その数年後、ソマリアの首都モガディシュで若い学生が誘拐され、その家族に身代金が要求される事件が発生した。この誘拐事件そのものは中央政府が崩壊していた当時のソマリアで珍しくもないものであった。しかし、この事件はアフマドの出身部族が支配する地域で起こっており、この事件がアフマドがICUの改革を志すきっかけとなった[1]。2004年まで、アフマドはモガディシュのイスラム会議で数多くいる指導者の一人にすぎなかった。アフマドはICUの設立者の一人アウェイス (en、あるいは2001年にアフガニスタンでアルカーイダとつながりを持っていたアデン・ハシ・ファラー (enと当時から親しい友人であり、同志であった[2]

2006年6月、イスラム法廷会議はソマリアの首都モガディシュを制圧した。2006年9月9日、ソマリア暫定国民政府 (Transitional National Governmentの前大統領アブディカシム・サラ・ハッサン保護の下、アフマドは数名の仲間と共にリビアのスート (enで行われたアフリカ連合(AU)の行事、第7回アフリカ首脳会議に参加した。当時のロイターBBCのインタビューに対し、アフマドはイスラム主義者ソマリア暫定連邦政府(TFG)の和解のため、リビアを始めとするアフリカ諸国の助力が必要であることをほのめかした。ただし、伝えられたところによると、アフマドがスーダンの首都ハルツームに着いたのはソマリア政府とICUの会合が行われる予定の48時間前であり、滞在時間は24時間であった。しかもアフマドの主張は従来のイスラーム勢力のものと同様、エチオピアとソマリアとは500年来の敵同士であり、エチオピア軍の行動はソマリアへの侵略であるとするものだった。対するエチオピア側の主張は、エチオピア軍はソマリア国内で戦闘を行っていないというものだった。結局、両者の間で政府間開発機構主導で平和維持軍を派遣する、という合意は得られなかった[3]

ICUの陥落[編集]

2006年12月28日、ICU軍は首都征服からわずか6カ月で敗退した。アフマドはエチオピア軍と戦うことを誓ったが、ジリブの戦い (enでの敗北およびキスマヨ陥落 (enの後、アフマドもケニアとの国境付近に逃走した。

アフマドは、2007年1月21日、ケニアとの国境付近で他の3人のソマリ族と共に、ケニア警察に拘留された。そしてアフマドは米国ケニア大使とTFGへの協力に関して会談した。その間、アフマドはホテルでケニア当局の保護下に置かれた[4][5]

2007年2月1日、アフマドはケニア警察の拘留から解放された[6]。2月8日までに、他のICUメンバーと共にイエメンに向かった[7]

家族[編集]

2007年1月の逃亡前の時点でアフマドには妻と2人の子供(9歳のアフマドと幼児)がおり、その住居はモガディシュでごく普通のレベルのものであった[8]

2009年大統領選挙[編集]

2009年のソマリア大統領選には多くの候補者が立候補し、当初は票が割れた。第1回目投票ではアフマド215票、マスラー・モハメド・サイード(Maslah Mohamed Said)60票、ヌール・ハッサン・フセイン (en59票だった。各陣営のさまざまな思惑があり、最終的にはアフマドとヌール・ハッサン・フセインとに絞られた。アフマドが決戦投票で得たのは293票だった。決選投票は2009年1月31日のことで、アフマドはこの日の遅く、隣国ジブチのケンピンスキホテル(Kempinski hotel)で宣誓を行った[9]

2012年大統領選挙[編集]

2012年8月20日に暫定政権の統治期間が終了し、大統領を退任。9月10日に連邦議会において実施された大統領選挙では決選投票でハッサン・シェイク・モハムド に敗れた[10]

参考文献[編集]

  1. ^ “Mogadishu's modest Islamic leader”. BBC. (2006年6月12日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/5072268.stm 2007年1月17日閲覧。 
  2. ^ Mohamed Abdi Farah - Somalia correspondent (2006年6月14日). “The profile of Islamic courts leader Sheikh Sharif Sheikh Ahmed (HTML)”. somalinet. 2007年8月3日閲覧。
  3. ^ Somali Islamists to ask AU to end peace force plan, Reuters, September 9, 2006
  4. ^ Top Islamist arrested on Kenya-Somalia border”. hiiraan.com (2007年1月21日). 20079-0814閲覧。
  5. ^ “Top Somali Islamist surrenders in Kenya”. AFP. (2007年1月22日). http://news.yahoo.com/s/afp/20070122/ts_afp/somaliaunrest_070122160829 2009年8月14日閲覧。 
  6. ^ “Somali Islamist leader out of Kenyan custody”. Reuters. (2007年2月1日). http://www.hiiraan.com/news2/2007/feb/somali_islamist_leader_out_of_kenyan_custody.aspx 2007年2月1日閲覧。 
  7. ^ “Somali Islamist travels to Yemen”. BBC. (2007年2月8日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/6342527.stm 2007年2月8日閲覧。 
  8. ^ Khaled Mahmoud (2006年5月17日). “Interview with Head of Somalia's Islamic courts organization Sheikh Sharif Ahmad (HTML)”. sundaytelegraph. 2007年8月3日閲覧。
  9. ^ "Somalia swears in new president", Sapa-AFP (IOL), January 31, 2009.
  10. ^ “ソマリア大統領にモハムド氏、内戦状態から「新たな針路へ」”. ロイター (ロイター). (2012年9月11日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE88A01D20120911 2012年9月11日閲覧。 

11. Ali Osman E- (February 8, 2009). "Help Somalia Now " (HTML). Hiiraan. http://www.hiiraan.com/op2/2009/feb/help_somalia_now.aspx. Retrieved on 2009-03-03.

外部リンク[編集]


公職
先代:
アダン・モハメド・ヌール・マドベ英語版
(暫定)
ソマリアの旗 ソマリア大統領
2009 - 2012
次代:
ムッセ・ハッサ・アブドゥレ英語版
(暫定)