ホームグロウン・テロリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホームグロウン・テロリズム(Homegrown terrorism)とは、国外の組織が起こすテロリズムでは無く、国外の過激思想に共鳴した、国内出身者が独自に引き起こすテロリズムのこと。

概要[編集]

しばしば、西側欧米諸国内では、国内での居住歴が十分にあり、イスラーム過激派メンバーではないものの、その過激思想に共鳴して、それら過激派と同様の方向性のテロ行為を、国内で独自活動として引き起こすことを示す[1]ロンドン同時爆破事件ボストンマラソン爆弾テロ事件もホームグロウン・テロとされる。

2006年にはカナダで、移民第二世代の若者が、イスラーム過激派思想に共鳴し、テロ計画を企て逮捕に至ったケースがあり[2]、同様にアメリカ合衆国では2009年から2011年にかけて、32名が起訴されている[3]

2013年に起きたアルジェリア人質事件にはカナダ人2名がテロリスト側に加担していたとされている[4]

ホームグロウン・テロリストの多くは特定の組織に属さず個人行動(ローンウルフ)である事が多く、このことが彼らの検挙を難しくしている要因の一つである。ただし、テロとしての規模や被害は個人ないしは少人数の活動レベルであり、単発的かつ小規模である。また、思想的背景がない単なる個人的不満から起こる凶悪犯罪や乱射事件との線引きも不明瞭である。

過激思想の有力なプロパガンダ媒体として、インターネットが用いられており、対抗手段の必要性も指摘されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 平成19年度警察白書
  2. ^ 海外安全ホームページ カナダ テロ概要
  3. ^ 平成24年度 防衛白書 第3節 国際テロリズムの動向
  4. ^ アルジェリア人質事件:実行犯に20代のカナダ人 毎日新聞(2013年4月15日)
  5. ^ 都市部へのテロ対策の課題 アジア太平洋国土安全保障サミット報告 友次晋介 RISTEX CT Newsletter 第8号 2010 年2月12日発行