対テロ作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対テロ作戦(たいテロさくせん、英語: Counter-terrorism または 英語: counterterrorism)は、テロリズムの損害を最低限にとどめることを目的とする、政府軍隊警察などの公的機関による行為・戦術技術戦略である。しばしば対反乱作戦に含まれる。

概要[編集]

テロリズムは、個人・武装組織・政府機関・が特定の目的をもって使用する戦術である。全ての武装組織がテロを戦術として使うわけではなく、テロを禁じることにより立場を強化する場合もある。アルカーイダをはじめとする多国籍・組織的・広域的なテロ組織が注目されることが多いが、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件で死刑になったティモシー・マクベイのように、仲間数人と個人的にテロに及ぶ場合もあり、テロの主体は必ずしも組織化されているとは限らない。よって、カウンターテロリズムの実行主体は、地域的警察組織から多国籍軍に至るまで幅広い。

各国の対テロ機関[編集]

国内的・警察的な組織[編集]

(準)軍事的な組織[編集]

  • マレーシア:
  • 日本

関連項目[編集]