ロンドン警視庁テロ対策指令部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン警視庁 > ロンドン警視庁の組織と機構 > ロンドン警視庁テロ対策指令部

ロンドン警視庁テロ対策指令部(ロンドンけいしちょうテロたいさくしれいぶ、英語: Counter Terrorism Command)とは、ロンドン警視庁特殊作戦局英語版内に設置されているテロ対策部門[1]SO15とも呼ばれる。

概要[編集]

ロンドン警視庁で警備・警護任務を担当する特殊作戦局(Specialist Operations; SO)に属しており、テロの脅威からイギリス治安国益を守ることを任務とする。そのためにSO15は国内はもちろん、海外でも捜査を行う。日本では、警察庁国際テロリズム対策課警視庁公安部が類似の任務を行っている。

情報収集を行う「特別部」(Special Branch、SO12)と、テロ対策を行う「テロ対策部」(Metropolitan Police Anti-Terrorist Branch、SO13)が統合されて2005年10月2日に誕生した[1]。要員は1500人。部長は副警視監が務める。2005年現在の部長はピーター・クラーク副警視監。

ロンドンの組織ではあるが、国家的なテロ対策にも携わっている。例えば、テロ組織への諜報活動を行うほか、過激派対策を担当する「国家対過激派部隊」(National Domestic Extremism Unit)という部隊を持つ。その他、公職守秘法Official Secrets Act)関係や戦争犯罪人道に対する犯罪、政治的な動機を持つ殺人といった安全保障関係のデリケートな事件の捜査も行う。

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Metropolitan Police Service - Specialist Operations”. Met.police.uk (2006年10月2日). 2009年6月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • What is SO15? ロンドン警視庁公式サイト (英語)