合同情報委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス合同情報委員会
United Kingdom
Joint Intelligence Committee
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
委員会の概要
設立年月日 1936年
行政官 Jon Day, Chair
ウェブサイト

合同情報委員会(ごうどうじょうほういいんかい、英語:Joint Intelligence Committee)とは、イギリス内閣府に所属する委員会。略してJICと呼ばれる事も多い。

概要[編集]

JICは内閣府や各情報機関、また関連省庁の幹部で構成される委員会であるが、イギリスの「国家情報機関」(National Intelligence Machinery)と位置づけられている。JICは各省庁からインテリジェンスを集めて分析し、政府としての短期、長期の情報評価報告書を提供することで政治家を補佐する。またJICはイギリスの各情報機関を指示、監督する総元締めとしての役割を持っている[1]

JICは、情報機関の活動(情報収集、分析、評価)を指示、監督するほか、情報活動の計画を立案し、優先順位を決定して情報要求を行う。活動計画は、形式的にはJICで検討されたのちに関連省庁の長からなる「情報機関に関する事務次官委員会」のチェックを経て首相が議長を務める「情報機関に関する内閣委員会」で最終的に承認されるしくみとなっている。また、JICは情報機関の運営計画や予算の検討も行っている[2]

機構としては簡単で高い効果を挙げているため、日本を含む世界の多くの国がJIC式の組織を取り入れている。しかし、イギリスでこの仕組みが機能するようになったのは歴史的な経緯があってのことであり、他の国で同じように機能させることは難しいといわれる。例えば、日本の内閣にはJICに似た合同情報会議という会議があるが、各省庁が重要な情報を抱え込んでしまい内閣に集まらないといった問題を抱えている。 

組織[編集]

JICは内閣府の「情報・保安・回復担当内閣府事務次官」の元に管理されている。この情報・保安・回復担当内閣府事務次官はJICの議長も兼ねており、JICの意見は内閣に直接届く仕組みになっている[1]

メンバーは外務・英連邦省国防省内務省、通産省、大蔵省国際開発省、内閣府の幹部、各情報機関の長、評価スタッフ(後述)事務局長で構成され、場合によっては他の省庁からも召集される。

JICには評価スタッフという20名から40名ほどの専属スタッフが存在する。評価スタッフは各機関から派遣された精鋭の分析官からなり、各機関から情報を集めて分析して情報評価報告書の下書きを作る。そのため、評価スタッフには法的に各情報機関から情報にアクセスする権限が与えられている[3]。下書きは専門家からなる「現況情報グループ」とJIC上層部のチェックを経た後で情報評価報告書として政治家に提供される[1]

歴史[編集]

JICはもともと各軍の情報部門の調整を行う為に、帝国防衛委員会(CID。イギリスの国家戦略を立案する委員会)の「幕僚委員会」の小委員会として1936年に誕生した。当初は当然ながら軍事情報のみを扱っていたが、第二次世界大戦が始まり国が戦時体制になった事で、JICは政治の中枢に関わるようになる。1939年にはJICが外交情報も扱うようになり、議長には外務・英連邦省出身の官僚が充てられる事になった。

ウィンストン・チャーチルの時代には、JICは更に重要な位置を占めた。1940年にはMI6MI5といった情報機関も加わるようになり、1941年には評価スタッフの前身である「合同情報スタッフ」(JIS)が設置された。JICが情報を取りまとめて政治家に報告を行う仕組みはこうして確立されていったのである。

戦後、JICはいったんCIDに戻されたが、ハロルド・マクミラン時代の1957年にJICは内閣府に戻され、JICが内閣と直結する形が確立された。その後、幾度かの改革を経て、1968年頃までには現在の形が成立したといわれる。その後もマーガレット・サッチャーの時代に議長を外務省以外からも受け入れるなど、様々な改革が行われている。近年ではイラク戦争の反省から、インテリジェンスが政治の都合に振り回される「情報の政治化」が問題になっており、政治との距離を見直す方向で改革が行われている。

歴代委員長[編集]

名前 英語名 就任 退任
01 ラルフ・スティーブンソン Ralph Stevenson 1936年 1939年
02 ヴィクター・カヴェンディッシュ・ベンティック Victor Cavendish Bentinck 1939年 1945年
03 ハロルド・カッシア Harold Caccia 1945年 1948年
04 ウィリアム・ヘイター William Hayter 1948年 1949年
05 パトリック・レイリー Patrick Reilly 1949年 1953年
06 パトリック・ディーン Patrick Dean 1953年 1960年
07 ヒュー・スティーヴンソン Hugh Stevenson 1960年 1963年
08 バーナード・バロウズ Bernard Burrows 1963年 1966年
09 デニス・グリーンヒル Denis Greenhill 1966年 1968年
10 エドワード・ペック Edward Peck 1968年 1970年
11 スチュワート・クローフォード Stewart Crawford 1970年 1973年
12 ジェフリー・アーサー Geoffrey Arthur 1973年 1975年
13 アントニー・ダフ Antony Duff 1975年 1979年
14 アントニー・アクランド Antony Acland 1979年 1982年
15 パトリック・ライト Patrick Wright 1982年 1984年
16 パーシー・クラドック Percy Craddock 1985年 1992年
17 ロドリック・ブレシット Rodric Braithwaite 1992年 1993年
18 ポーリン・ヌヴィル=ジョーンズ Pauline Neville-Jones 1993年 1994年
19 ポール・レバー Paul Lever 1994年 1996年
20 コリン・バッド Colin Budd 1996年 1997年
21 マイケル・パケンハム Michael Pakenham 1997年 2000年
22 ピーター・リッケッツ Peter Ricketts 2000年 2001年9月
23 ジョン・スカーレット John Scarlett 2001年 2005年
24 リチャード・モットラム Richard Mottram 2005年 2007年
25 アレックス・アラン Alex Allan 2007年 2011年
26 ジョン・デイ Jon Day 2012年 現職

 

脚注[編集]

  1. ^ a b c ワールド・インテリジェンス(2007年):14-15ページ
  2. ^ ワールド・インテリジェンス(2007年):13ページ
  3. ^ 佐藤、手嶋(2006):179-180ページ

参考文献[編集]

  • 「イギリス『情報コミュニティ』の仕組み」『ワールド・インテリジェンス』2007年3月号、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2007年
  • 佐藤優手嶋龍一 『インテリジェンス 武器なき戦争』、幻冬舎〈講談社文庫〉、2006年
  • 合同情報委員会(JIC) - 愛知県立大学 奥田泰広研究室 2012年7月2日閲覧。
  • イギリス陸海軍の情報部 - 同上 2012年7月2日閲覧。
  • JIC改革の歴史 - 同上 2012年7月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 情報保安委員会公式サイト(英語)JICのシステムの説明。ちなみに、「情報保安委員会」は議会に設けられた、「インテリジェンス・オーバーサイト」(情報活動のチェック)を行う委員会。