サイェレット・マトカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイェレット・マトカル(Sayeret Matkal ヘブライ語: סיירת מטכ"ל‎)は、イスラエル国防軍(IDF)・参謀本部の特殊部隊

主な任務はカウンターテロリズム偵察ミリタリー・インテリジェンスであり、戦場の敵陣地の戦略的偵察を真っ先に行う部隊である。 サイェレット・マトカルはまた、イスラエル国外での人質救出作戦を担当する。モデルとなったのはイギリス陸軍の特殊部隊・SASである。サイェレット・マトカルはイスラエル参謀本部諜報局(アマーン)に所属している。

サイェレット・マトカルの名は、1970年代の2つのハイジャック事件の人質救出作戦(アイソトープ作戦サンダーボルト作戦)の電撃的成功で世界中に有名になった。

歴史[編集]

1953年、アマンの157部隊として創設された。1年後、参謀本部直属の部隊として、独自に行動を開始する。隊員はアラブ人の思考方法などを叩き込まれるためにベドウィンによっても訓練された。その後、アラブ支配地域奥深くまで侵攻するイスラエル国防軍のヘリコプター中隊にも参加した。

1959年には後に首相になるエフード・バラックがサイェレット・マトカルに採用され、その後、101部隊の司令官も兼ねることになる。

サイェレット・マトカルは最高機密に属する部隊ではあるが、同時にイスラエル国防軍内で大きな影響力を有している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]