ドイツ地方警察特別出動コマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドイツ地方警察特別出動コマンド(ドイツちほうけいさつとくべつしゅつどうコマンド、ドイツ語Spezialeinsatzkommandos)とは、ドイツの地方警察(州警察)に所属する特殊部隊のこと。

通称「SEK」(ドイツ語読みエスエーカー、英語読みエスイーケー)と呼ばれている。

概要[編集]

ドイツ各地の州警察に編成されており、人質立てこもり事件、誘拐事件等の対処や、要人警護を主要な任務としている。なお、重大なテロ事件(ハイジャック事件等)が発生した際は、ドイツ連邦警察局に所属する特殊部隊「GSG-9」が対処する。

バイエルン州警察のSEKは、管内に山岳地帯が多く含まれるため、隊内に山岳チームが編成されている。 また、ブレーメン州警察とハンブルク州警察のSEKは、管内に河川が多く含ませているため、隊内に潜水チームが編成されている。

一部の州のSEKには、専門交渉グループ(Verhandlungsgruppen、通称VGs)が編成されており、人質立てこもり事件等が発生した際、犯人との交渉(説得)を担当する。 また、SEKには少数だが、女性隊員も存在する。

SEKは、自動式拳銃短機関銃自動小銃狙撃用ライフル、各種突入用機材など、様々な装備を保有している。

備考[編集]

ドイツ海軍にはSEK M (エスエーカー・エム、Spezialisierte Einsatzkräfte Marine = 海軍特別出動部隊) という特殊部隊が存在するが、警察のSEKとは略称が似ているだけで、直接の関係はない。SEK M の編制にはコンバットダイバー、機雷除去ダイバー、臨検チームが含まれている。

関連項目[編集]