オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件
爆発で破壊されたオクラホマシティ連邦政府ビル
場所 アメリカ合衆国の旗オクラホマ州オクラホマシティ
アルフレッド・P・マラー連邦ビル
座標 北緯35度28分22.4秒 西経97度31分01秒 / 北緯35.472889度 西経97.51694度 / 35.472889; -97.51694座標: 北緯35度28分22.4秒 西経97度31分01秒 / 北緯35.472889度 西経97.51694度 / 35.472889; -97.51694
日付 1995年4月19日
午前9時2分 –
攻撃手段 車爆弾
死亡者 168人
負傷者 約850人以上
犯人 ティモシー・マクベイテリー・ニコルズマイケル・フォティア

オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件(オクラホマシティれんぽうせいふビルばくはじけん、Oklahoma City bombing)は、1995年4月19日アメリカ合衆国オクラホマ州の州都オクラホマシティで発生した爆破テロ事件。

このテロ事件では子供19人を含む168人が死亡、800人以上が負傷した。2001年9・11テロが発生するまでは、アメリカ国内で最悪のテロ被害をもたらした事件であった。

事件の概要[編集]

事件は1995年4月19日の現地時間午前9時2分に発生した。9階建のオクラホマシティ連邦地方庁舎「アルフレッド・P・マラー連邦ビル」の正面玄関前に駐車していた、大量の爆発物を積んだトラックが爆発した。これにより、連邦ビルは全体のおよそ80%が破壊された。事件発生当初犯行声明などが無かったため、犯行はネオナチイスラム過激派によるものだと推測されたが、犯人がかつてはアメリカ陸軍所属で湾岸戦争にも参戦した経験のあるアメリカ人であった事はアメリカ中に衝撃を与えた。

救助[編集]

爆破直後、救急隊レスキュー隊のみならず周辺の住民もこぞって救助活動に参加し、充分な装備もないまま瓦礫の中を歩いたことで多数の負傷者が発生するという二次災害にも見舞われた。

事件後ビルの跡地には整備され慰霊公園が作られ、そこには犠牲者の氏名とともに救助活動に尽力した人々の名前も刻まれた。

裁判とその後[編集]

その後、主犯のティモシー・マクベイには死刑判決が下され、2001年6月11日薬物による死刑が執行された。この模様は監視カメラ(CCTV)を通して被害者遺族に公開されたため論議を呼んだ。この時の裁判裁判長は「これで枕を高くして眠れるでしょう。法がきちんと機能したのですから」と裁判後のインタビューで述べたが、死刑執行の丁度3ヵ月後にアメリカ同時多発テロが勃発した。

余談[編集]

事件発生直後、オクラホマシティ周辺に居たアラブ系アメリカ人を含むアラブ系の人物約数十人が一時警察に身柄を拘束された(大半が数時間以内に釈放)。

爆発物満載の車爆弾連邦政府ビルが爆破される様子や、事件とは無関係なイスラム教徒が不当な捜査の対象にされる様子など、この時の状況は1998年公開の映画マーシャル・ロー』においてインスパイアされている。また1999年映画隣人は静かに笑う』も、本事件をモチーフの一つとしている。

SF作家テリー・ビッスン1999年、本事件の犠牲者遺族が報復用に主犯マクベイのクローンを受け取るという内容の短編「マックたち」(ハヤカワ文庫SF『90年代SF傑作選(下)』所収)を発表、ネビュラ賞ローカス賞を受賞している。

爆破事件後も、市庁舎前に残っていた木は「サバイバル・ツリー」として市のメモリアル(記念樹)になっており、映画『エリザベスタウン』にもヒロインの「一番好きな木」として登場する。