ティモシー・マクベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティモシー・マクベイ
Timothy McVeigh
マクベイの似顔絵(左)とマグショット(右)
生誕 1968年4月23日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ペンドルトン
死没 2001年6月11日(満33歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州
テレホート
罪名 殺人
有罪判決 殺人罪
刑罰 死刑
現況 死没
職業 警備員

ティモシー・ジェームズ・マクベイ(Timothy James McVeigh、1968年4月23日 - 2001年6月11日)はアメリカの元死刑囚1995年4月19日に発生したオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の主犯である。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ティモシー・マクベイは1968年4月23日ニューヨーク州西部のバッファロー近郊の町ペンドルトンアイルランド系カトリック教徒の家に生まれた。あだ名はティム。高校はニューヨーク州ロックポートのスターポイント高校を卒業している。ペンドルトンは極めて保守的な町であり、人口構成も90%が白人であった。

家族構成は2歳上の姉と6歳下の妹、両親の5人家族だったが、両親は彼が10歳の時に離婚した。マクベイの父親は、マクベイの祖父(父の父)が30年勤め上げた車工場で働いていた。休日はTシャツに野球帽をかぶり、リトルリーグ(少年野球)のコーチをする、という普遍的なアメリカ人を体現したような人物だった。母親は旅行会社で働いていたが、ある日突然離婚届を置いて家出同然に家を出たため、残された家族はショックを受けた。当時の近所の住民は、妻は夫や子供達に断る事無く外出している事が多かったと記憶している。

父親は工場で夜勤が多く、その間子供たちは近所の住民が交代で面倒を見ていたが、マクベイは友人たちとバスケットボールで遊んだりと大きな問題があるようには見えなかったと証言している。当時の友人たちの証言では、父親との関係を良好に保ち最大限の敬意を払っていたが、母親については何も語らず、無理に聞き出そうとすると急に逆上することが度々あったという。彼の父は敬虔なカトリック教徒で、離婚後も一家で日曜学校に参加したが、マクベイ自身はユダヤ教の洗礼を受けたユダヤ教徒[要出典]であった。敬意を払っている父親との関係に傷をつけたくないがために日曜学校に参加していたものと推測される[要検証 ]

友人や家族は、マクベイは昔からシャイで人付き合いが苦手だった、と証言している。極端に痩せていたため学校でからかわれる事も多かった。高校生の時に妹から女性を紹介されたが、「極端に照れて顔を赤くするだけでまともに話す事も出来なかった」と妹やその女性は証言している。

学校の成績は特に優秀ではなかったが、単に興味がなかっただけのようである。というのも、後に最高ランク奨学金を難なく受給しているからである。高校卒業後地元のコミュニティーカレッジに進学してコンピューターの勉強をするが、「飽きた」として唐突に退学している。

軍隊生活[編集]

1988年、マクベイはアメリカ陸軍に入隊した。マクベイはアメリカ陸軍の一兵士として湾岸戦争にも従軍し、ブロンズ・スター・メダルを授与された。湾岸戦争前にカンザス州のフォート・リレイ基地に所属しそこでトップクラスの狙撃成績を残している他、湾岸戦争では1発の銃弾でイラク兵2名を射殺している。その際、敵が2人いたにもかかわらず、一発しか銃を撃たなかったので、上官が「なぜ撃つのをやめた?」と聞いたが、「もう倒した」とマクベイは答えた。マクベイは極めて優秀な兵士として表彰され、新兵の訓練所で講義を依頼された事もあった。マクベイは陸軍の特殊部隊であるグリーン・ベレーに入りたがっていた。マクベイは湾岸戦争終結後、グリーン・ベレー部隊編入のための訓練プログラムに登録したが、訓練開始二日目に体力的な理由からプログラムから外された。湾岸戦争で身体が鈍っていたのである。マクベイは自分が外された事に大きく落胆し、1991年12月31日に除隊している。

除隊後、マクベイは生まれ故郷ペンドルトンの近くで警備員の仕事に就き、事件の数ヶ月前までカンザス州フォート・リレイ近くの町ジャンクションシティで働いていた。

爆破[編集]

マクベイは借りた4,000lbs(約2t)のトラックに陸軍時代からの友人である共犯者の協力を得て、採石場から盗んだダイナマイトを伝爆薬とする、ニトロメタン(通常は軽油と硝安を使用するが、さらに高い爆発力を得るため、ラジコンヘリ、ラジコン飛行機、ラジコンボートや実物のレーシングカー等の燃料に配合するニトロ化合物)と硝安から成るANFO爆薬を満載した車爆弾を作成した。

1995年4月19日、マクベイはオクラホマ州オクラホマシティにあるオクラホマシティ連邦政府合同庁舎ビル(アルフレッド・P・ミュラー連邦ビル)前に車を停め、車爆弾を仕掛けると安全な場所に移動した後、午前9時2分に伝爆薬のダイナマイトに装填された雷管の起爆スイッチを押した。ビルは前半分の80%が崩れ落ち、167名が死亡、850名以上の負傷者が病院に収容された。168人目の犠牲者レベッカ・アンダーソンはビル1階の職員用託児所に預けられていた際に事件に巻き込まれ、収容先の病院で死亡した。託児所はトラックから10mと離れていなかったため、アンダーソン以外の子供たちにも多数の犠牲者が出た(ただし託児所内で瀕死の重傷を負いながらも生還した子供もいる)。逮捕後マクベイは捜査官に、ビルの1階に託児所があるとは知らず、もし知っていれば別の場所を狙ったと供述している。

事件後、専門家がオクラホマ州連邦政府合同庁舎ビルの構造を調べたところ、1階の玄関前の部分が柱で支えられ、その上に2階以上の階が載る形になっていたことから元々衝撃に弱く、その柱が折られると上の階が崩壊するような構造になっていたことが明らかになった。事件後マクベイは捜査官からの尋問に対し、その事を熟知した上で正面玄関前に爆発物を搭載したトラックを停めたと供述した。

逮捕[編集]

事件後すぐにFBIが動き、犯行に使われたトラックがジャンクションシティから借り出されたことを突き止め、レンタカー会社の社員に借主の似顔絵製作に協力を要請したところ社員は快諾。トラック貸し出し時に作成した依頼書にはクリング (Kling) の名前が記載されていた。マクベイの似顔絵はすぐさまテレビに公開され、ドリームランドホテルに泊まっていたリー・マクガウンという男に良く似ているという情報が提供された。クリング、リー・マクガウン共にマクベイが使った偽名であった。

ビル爆破後マクベイは、テレビに自分の似顔絵が流されていることなど露知らずにオクラホマ州ペリー近くのノーブル郡ハイウェイを車で走っていたが、オクラホマ州パウニーでハイウェイパトロールのチャールズ・J・ハンガーに呼び止められた。ハンガーはマクベイの車には有効なナンバープレートが付けられていないことに気付いた。マクベイは有効なナンバープレートをつけずに公道を走ったこと、そして弾が装填された重火器を許可証なしに持ち歩いていたことで逮捕された。3日後、刑務所内でマクベイは国を挙げての犯人捜査の網に引っ掛かった。

動機についてマクベイは、これはブランチ・ダビディアンウェイコ事件、1993年4月19日)と Ruby Ridge に対して政府がしたことに対する復讐だと述べた。

裁判・死刑執行[編集]

裁判でマクベイの弁護団は、連邦政府合同庁舎ビルの爆破は政府によるウェイコ事件に対する抗議のためだと主張し、ウェイコ事件において政府が国民に対して大きな嘘をついたと公言した。CNNの調査では国民の実に80%以上が死刑を希望した。

1995年8月10日、マクベイは11の連邦法違反と8の第一級殺人罪により起訴され、同年10月20日連邦裁判所は死刑判決を下した。なお、共犯者には終身刑、さらにもう一人の男には計画を知っていながら通報しなかったとして懲役12年が確定している。

死刑執行はマクベイ自身とその弁護団による死刑執行の中止要請により遅れたが、最終的には2001年6月11日インディアナ州テレホート連邦刑務所で薬物による刑が執行された。前述の通り遺族の数が800名を超えたため全員を死刑執行に立ち会わせることが不可能であり、立ち合いをする遺族は抽選で選ばれた。その他の遺族には暗号化された信号によりテレビ中継されたが、ビデオでの処刑シーンの撮影を防ぐため厳重な荷物チェックが実施された。

その他[編集]

事件発生当初、犯行声明文等がないことから警察・FBI・マスコミや一般市民までもがイスラム過激派ネオナチの仕業ではないかと推測した。発生直後、オクラホマシティ周辺に居たアラブ系アメリカ人を含むアラブ系の人物約数十人が一時警察に身柄を拘束された(大半が数時間以内に釈放)。ところが実際に捕まえてみるとかつては陸軍に従軍していた優秀な兵士だったことに衝撃を受けた。

事件後各種メディアが事件とマクベイについて取り上げ、有力誌であるタイムニューズウィークでは彼の顔写真で表紙を飾り、何週間も連続して彼について特集を組んだ。

事件後合同庁舎ビル跡地には慰霊のための公園が作られ、そこにはこの事件で働いたレスキュー隊員や一般市民で救助に助力した人々の名前が石碑に刻まれた。

彼が望んだ最後の食事は、1Lのチョコチップ入りミントアイスであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]