放水砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代のドイツの警察車両に装備されている放水砲

放水砲(ほうすいほう)、放水銃(ほうすいじゅう)、水大砲(みずたいほう)は、警察などが犯罪者制圧・暴動鎮圧をするために用いる非致死性兵器のひとつ。

概要[編集]

高い圧力をかけてを吹き出し、対象者の行動を阻止する。威力は非常に高く、放水が直撃した場合には人が打撲を負ったり、転倒するほどである。車両の屋根に放水銃を搭載した放水車と呼ばれる形態がよく見られ、貯水タンクを車内に備えているものが多い。日本の警察でも機動隊が装備しており、暴徒鎮圧に効果を発揮する。12気圧の高圧放水では、最大で50メートル近い飛距離を発揮できる。日本では、警察の他にも海上保安庁巡視船水産庁漁業取締船には放水砲が搭載されている。

イギリスにおいては、2011年イギリス暴動を鎮圧する際、首相の権限で放水砲の使用が許可され、警察部隊が放水砲を発射して暴徒の犯行を阻止した。

韓国において公権力とデモ隊が衝突した場合には、戦闘警察の装備としてかなりの頻度で持ち出される。とりわけ2008年5月以降の米国産牛肉輸入問題に関するデモ(2008年韓国蝋燭デモ)では、警察官による暴力などとともに、過剰な暴力的鎮圧の一例として批判の対象となっている[1][2]

脚注[編集]

関連項目[編集]