ホロコースト・グローバルヴィジョン検討国際会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホロコースト・グローバルヴィジョン検討国際会議(ホロコースト・グローバルヴィジョンけんとうこくさいかいぎ)とは、2006年12月11日イランの首都テヘランで開かれた、「ホロコースト」と呼ばれるナチス・ドイツ第二次世界大戦時に行ったユダヤ人虐殺についてのシンポジウムである。

概要[編集]

ホロコーストを「神話」「シオニスト体制をつくるための口実」などとして否定している、イラン大統領マフムード・アフマディーネジャードの要求によって開かれた会議であり、ホロコーストの存在を否認、疑問視している人物たちが多数出席した。この会議の開催は国際社会から大きな批判を浴びた。

主な参加者[編集]

その他多数のホロコースト否認論者が出席した。日本人はいなかった。

関連項目[編集]