リチャード・ローティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ローティ
Richard Rorty
生誕 1931年10月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没 2007年6月8日(満75歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国パロアルト (カリフォルニア州)
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 プラグマティズム
ポスト分析哲学
プラグマティズムによる大陸哲学分析哲学の統合[1]
研究分野 認識論言語哲学
心の哲学倫理学
メタ哲学
政治哲学自由主義
主な概念 ポスト哲学
アイロニー
終極の語彙
認識論的行動主義
テンプレートを表示

リチャード・ローティRichard Rorty1931年10月4日 - 2007年6月8日 )は、アメリカ合衆国哲学者スタンフォード大学で哲学や比較文学の教鞭をとった。プラグマティズムの立場から近代哲学の再検討を通じて「哲学の終焉」を論じた。また、哲学のみならず、政治学経済学社会学、アメリカ文化などの論壇で活躍。現代アメリカを代表する哲学者である。プラグマテイズムの代表者ジョン・デューイや、トーマス・クーンルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインらの影響を受ける。

生涯[編集]

2007年6月8日膵臓がんによる合併症でカリフォルニア州の自宅で死去。75歳。

思想[編集]

哲学者としてのローティの思想はその独特な哲学史の見解で知られている。ローティの著作『哲学と自然の鏡』では近代哲学に一貫して見られる伝統に注目している。それはデカルトに始まりカントによって体系化された哲学における認識論の伝統であり、それは真理に到達するために依拠できる確実な知的基礎を確立するための試みであった。そしてハイデガーやウィトゲンシュタイン、デューイ、フーコー、クワインなどの現代の哲学者による攻撃はこの認識論的な哲学の伝統に対する批判であったと考える。そしてローティは近代哲学の認識論的な伝統を批判することは必ずしもそれを克服することではないことを問題視し、そのような伝統に基づいた哲学については「哲学の終焉」を主張する。そして新たな哲学の指針として知識や文化を基礎付けるような認識論の伝統を使わない哲学的解釈学の可能性を示唆している。これは哲学の歴史の中で中心的な主題であった真理という問題を研究することは有益ではないことを認め、ポスト哲学的文化としてあらゆる種類の言説を相対化する文化へと移行することを意味している。このようなローティの考え方は現代のプラグマティズムの哲学に根ざしたものであり、ポスト哲学的文化が到来したとしても哲学そのものが消滅することはない。

著作[編集]

単著[編集]

  • Philosophy and the Mirror of Nature, (Princeton University Press, 1979)
野家啓一監訳、『哲学と自然の鏡』、産業図書、1993年。
  • The Historiography of Philosophy: four genres,Pragmatism Without Methodなど他6篇
冨田恭彦訳、『連帯と自由の哲学――二元論の幻想を超えて』、岩波書店、1988年。
  • Consequences of Pragmatism: Essays, 1972-1980, (University of Minnesota Press, 1982).
室井尚吉岡洋加藤哲弘浜日出夫庁茂訳、『哲学の脱構築――プラグマティズムの帰結』、御茶の水書房、1985年。
  • Contingency, Irony, and Solidarity, (Cambridge University Press, 1989).
齋藤純一山岡龍一大川正彦訳、『偶然性・アイロニー・連帯――リベラル・ユートピアの可能性』、岩波書店、2000年。
  • Objectivity, Relativism, and Truth, (Cambridge University Press, 1991).
  • Essays on Heidegger and Others, (Cambridge University Press, 1991).
  • Truth, Politics and 'Post-modernism', (Van Gorcum, 1997).
  • Truth and Progress, (Cambridge University Press, 1998).
  • Achieving Our Country: Leftist Thought in Twentieth-century America, (Harvard University Press, 1998).
小澤照彦訳、『アメリカ未完のプロジェクト――20世紀アメリカにおける左翼思想』、晃洋書房、2000年。
  • Philosophy and Social Hope, (Penguin Books, 1999).
須藤訓任渡辺啓真訳、『リベラル・ユートピアという希望』、岩波書店、2002年。
  • Philosophy as Cultural Politics
冨田恭彦・戸田剛文訳、『文化政治としての哲学』、岩波書店、2011年。

共著[編集]

  • Against Bosses, Against Oligarchies: A Conversation with Richard Rorty, with Derek Nystrom and Kent Puckett, (Prickly Paradigm Press, 2002).

編著[編集]

  • The Linguistic Turn: Recent Essays in Philosophical Method, (University of Chicago, 1967).

共編著[編集]

  • Philosophy in History: Essays on the Historiography of Philosophy, co-edited with J. B. Schneewind and Quentin Skinner, (Cambridge University Press, 1984).

伝記研究[編集]

  • 『リチャード・ローティ 1931-2007 リベラル・アイロニストの思想』
大賀祐樹、藤原書店、2009年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東浩紀、『一般意志2.0』、講談社2011年、204項。

外部リンク[編集]