デレク・パーフィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デレク・パーフィット(Derek Parfit、1942年12月11日 - )は、中国四川省成都市生まれのイギリス哲学者。専門領域は人格同一性合理性道徳オックスフォード大学オール・ソウルズ・カレッジフェローニューヨーク大学ハーバード大学ラトガース大学の客員教授も務める。英語圏における最も独創的な道徳哲学者の一人とも言われる[1]

略歴[編集]

デレク・パーフィットは1942年に中国四川省成都市で、ノーマン・パーフィット(Norman Parfit)とジェシー・パーフィット(Jessie Parfit)の子供として生まれた。両親ともに医者で、中国にあるキリスト教系の病院で予防医学を教えるために、イギリスから中国西部に引っ越してきていた。デレクはそこで生まれた。デレクが生まれた翌年、家族はイギリスに帰り、オックスフォードに住む。デレクは全寮制の学校イートン校に送られる。1961年、オックスフォード大学に進み、近代史を学ぶ。1964年にオックスフォード大学を卒業した後、1965年から1966年まで二年間、ハークネス奨学金Harkness Fellowship)を得て、アメリカに行く。コロンビア大学ハーバード大学で学ぶ。この二年間の間に、歴史を捨てて哲学の道に進むことを決める[2]。 その後イギリスに戻りオックスフォード大学のオール・ソウルズ・カレッジに勤める。以後、2012年現在まで、オール・ソウルズ・カレッジに勤めている。2014年ショック賞論理学・哲学部門受賞。

妻は哲学者のジャネット・ラドクリフ・リチャーズ(Janet Radcliffe Richards)。パーフィットが講師を務める講義に彼女が参加したのをきっかけに二人は知り合い、結婚した。

著作(一部)[編集]

関連文献[編集]

  • Jussi Suikkanen and John Cottingham (Editors), Essays on Derek Parfit's On What Matters (Oxford, Wiley-Blackwell, 2009).
  • 森岡正博 「デレク・パーフィットと死の予感」 『創文』294号 1988年11月 14-18頁 (オンライン・ペーパー
  • 伊勢俊彦 「道徳はすべての人のために、だがこの私はこの私でしかなく──『理由と人格』を読む──」 『唯物論研究年報』第4号(1999)所収予定 (オンライン・ペーパー
  • 坂倉涼 「【研究ノート】パーフィットの一人称に関する問題について:Parfit's Problem of First Person 」 千葉大学人文社会科学研究, no.20, pp.273-284 (2010) (オンライン・ペーパー
  • 奥野満里子 「パーフィットの人格および人格同一性の議論について」 実践哲学研究 Vol.18, pp.21-39 (1995) (オンライン・ペーパー

脚注[編集]

  1. ^ Larissa MacFarquhar "How to Be Good: An Oxford philosopher thinks he can distill all morality into a formula. Is he right?" The New Yorker September 5, 2011 最終閲覧日 2012年5月5日
  2. ^ Derek Parfit”. New York University. 2011年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]