トマス・ネーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク大学の学部コースで倫理学の講義を行うトマス・ネーゲル

トマス・ネーゲルThomas Nagel, 1937年7月4日 - )はアメリカの哲学者。専門は政治哲学倫理学認識論心の哲学

ユーゴスラビアベオグラードに生まれ、コーネル大学1954年 - 1958年)、オックスフォード大学(1958年 - 1960年)を経て、1963年ハーヴァード大学で博士号を取得。その後、カリフォルニア大学バークレー校助教授(1963年 - 1966年)、プリンストン大学助教授(1966年 - 1969年)、同準教授(1969年 - 1972年)、同教授(1972年 - 1980年)を経て、1980年よりニューヨーク大学教授の地位にある。1980年にはアメリカ学士院会員に選ばれており、また1990年にはオックスフォード大学ジョン・ロック記念講義の講師に招かれている。

主要著作[編集]

  • The Possibility of Altruism, Oxford University Press, 1970; Reprinted, Princeton University Press, 1978, ISBN 0691020027
  • Mortal Questions, Cambridge University Press, 1979, ISBN 0521223601
(邦訳:永井均訳、『コウモリであるとはどのようなことか』、勁草書房、1989年、ISBN 4326152222
(邦訳:中村昇、山田雅大、岡山敬二、齋藤宜之、新海太郎、鈴木保早訳、『どこでもないところからの眺め』、春秋社、2009年、ISBN 9784393329047)
  • What Does It All Mean?: A Very Short Introduction to Philosophy, Oxford University Press, 1987, ISBN 0195052161
(邦訳:岡本裕一朗、若松良樹訳、『哲学ってどんなこと?:とっても短い哲学入門』、昭和堂、1993年、ISBN 4812293057
  • Equality and Partiality, Oxford University Press, 1991, ISBN 0195069676
  • Other Minds: Critical Essays, 1969-1994, Oxford University Press, 1995, ISBN 019509008X
  • The Last Word, Oxford University Press, 1997, ISBN 0195108345
  • The Myth of Ownership: Taxes and Justice (with Liam Murphy), Oxford University Press, 2002, ISBN 0195150163
  • Concealment and Exposure and Other Essays, Oxford University Press, 2002, ISBN 019515293X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]