スワンプマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スワンプマンSwampman)とは、1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンが考案した思考実験。「私とは何か」といった同一性アイデンティティーの問題を考えるのに使われる。スワンプマンとは沼 (Swamp) の男 (man) という意味の英語。

思考実験の詳細[編集]

ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[1]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。

脚注[編集]

  1. ^ ただしデイヴィッドソンの考えによれば、本人の経験や経緯に基づいて得られたものこそが知識であり、スワンプマン自身がそのような経験を経ていない以上、それは知識のように見えても知識とは別の種類のものである。

参考文献[編集]

  • Davidson, Donald (2001 (1987)). Knowing One's Own Mind. Reprinted in Subjective, Intersubjective, Objective (pp. 15-38). New York Clarendon Press. Originally published in Proceeding and Addresses of the American Philosophical Association, 60 (1987), 441-58. - 邦訳は、ドナルド・デイヴィドソン「自分自身の心を知ること」清塚邦彦(翻訳)、柏端達也(翻訳)、篠原成彦(翻訳)『主観的、間主観的、客観的』(春秋社、2007年4月、ISBN 978-4393323076)35-71項

関連文献[編集]

日本語のオープンアクセス文献

関連項目[編集]

  • 私はなぜ私なのか
  • 他我問題
  • 意識の境界問題
  • 哲学的ゾンビ
  • テセウスの船 - 船の壊れた部品を新たな部品につけかえる。この行為を繰り返すうちに最初に使っていた部品は全て無くなった。今の船は最初の船と同一だとみなしてよいか?
  • SF作家ジョン・ヴァーリィの『へびつかい座ホットライン』などの未来史シリーズ。
    • すべての人類が自身の予備クローンを持ち、また定期的に記憶のバックアップを取っている。当人が死亡すると、そのクローンには保存しておいた記憶が与えられ、「従来の本人のまま」社会行動をする未来社会が描かれている。
  • 精神転送
  • スワンプシング - DCコミックが刊行するアメリカンコミック。アラン・ムーアがライターとして再構築する際にこのスワンプマンのような設定に改められ、アイデンティティーの問題を抱えさせる事で大人向けコミックへの改革を果たした。