認知的閉鎖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

認知的閉鎖(cognitive closure)とは、イギリスの哲学者コリン・マッギンらによって提唱されている、意識のハード・プロブレムへの一回答である。

概要[編集]

認知的閉鎖とは、人間の心はいくつかの領域、とくに物理的な対象であるから、いかにして主観的な経験である意識が生み出されるのかというハード・プロブレムに関して「閉鎖」されているとする可能性のことである。人間の理解できる領域からは「閉鎖されている」というのは、人間による理解が現段階において科学的に不十分であったりするためではなく、人間の心にはそれらを理解するキャパシティーが端的に欠けているためである。マッギンによると、猿が量子力学を理解する能力を欠いているように、人間は哺乳類の一種として、進化の現段階においては意識のミステリーを解明する能力を備えていないのである。つまり人間の脳にはその構造によって与えられるハードウェア的な制約があり、それゆえに解決不能な問題がある、その一つが意識の問題だ、という立場である。

マッギン本人は、認知的閉鎖が哲学的に見て悲観的なものではなく、また科学と相容れないと考えてはいないと述べている。ハード・プロブレムは人間にとっては原理的に解決不可能なものであって、それを解決しようとする試みは認知的能力を超えようとするあがきであり成功することはないだろう、とマッギンは考える。このようなマッギンの姿勢に対しては、人間の心を科学的なアプローチから解明できるとするポール・チャーチランドらからの批判がある。

DIME[編集]

マッギンは哲学上の困難な問題にはある種の特徴があるとする。それは問題に対する解答が次の4つの立場に分かれ、時代により、地域により、そして研究者の人生上の時期により、この4つの立場の間をただグルグルと回る、という特徴だと言う。4つの立場とは

  • D:還元主義
  • I:二元論
  • M:神秘主義
  • E:消去主義

この4つの立場をまとめてDIMEと名づけた。時代、歴史とともに、D→I→M→EそしてまたDとループする傾向があるとし、そしてDとE、これはIとMに対立する立場としてしばしば共闘関係になるとする。とはいえマッギンはこの4つの立場はどれも間違っているとし、それと変わる第5の立場、CALM仮説をともなう TN:超越論的自然主義の立場を主張する。

CALM仮説[編集]

マッギンはある問題が人間に理解できないこと、つまり認知的に閉ざされる事になることの理由として CALM 仮説(CALM Conjecture)という考えを提唱している。CALM とは Combinatorial atomism with lawlike mapping(直訳:法則的な対応関係をともなう組み合わせ的原子論)の頭文字を取ったもので、人間の思考により捉えられるのは、「対象があり、その対象が他の対象とある種の関係を持つ」といったモデルと合致する場合だけだとする。そしてこうした理解の形式を取れない問題というのは、英才たちが何百年考え続けたとしても解決されることはないのだ、とする。マッギンはこうした問題の例として、意識、意味、自由意志、といった哲学の古典的問題を挙げる。

こうした人間の持つ理解力の原理的な壁を越えるには、私たちは悪魔的な囁きに耳を貸す、つまり自分自身をポストヒューマンへと改造する、そういう決断を行う以外にはない、そうマッギンは言う。

参考文献[編集]

認知的閉鎖の概念を、心身問題の範囲を超えて哲学全般へと拡張したマッギンの書籍。この書籍でマッギンは自分の立場を超越論的自然主義と名づけている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]