信原幸弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信原 幸弘(のぶはら ゆきひろ、1954年 - )は、日本哲学者。専門は科学哲学心の哲学認知科学哲学。現在の執筆活動はもっぱら心の哲学が中心。物的一元論を唱える。現職は東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 科学基礎論大講座 教授兵庫県生まれ。

経歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『意識の科学は可能か』 新曜社、2002年、担当「言語からみた意識」177頁~200頁 ISBN 4788508001
  • 『シリ―ズ心の哲学Ⅰ 人間篇』 勁草書房、2004年、担当「心の哲学のおもな流れ」1頁~23頁 ISBN 4326199245
  • 『シリ―ズ心の哲学Ⅱ ロボット篇』 勁草書房、2004年、担当「認知哲学のおもな流れ」1頁~26頁 ISBN 4326199253
  • 『シリ―ズ心の哲学Ⅲ 翻訳篇』 勁草書房、2004年、担当「心の哲学の基本問題」1頁~16頁 ISBN 4326199261

訳書[編集]

外部リンク[編集]

  • 信原幸弘 - 東大の科学史・科学哲学研究室のサイト内にある自己紹介。写真、略歴、執筆した論文のリストなどが見られる。

]