信原幸弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信原 幸弘(のぶはら ゆきひろ、1954年4月2日 - )は、日本哲学者東京大学教授。専門は科学哲学心の哲学認知科学哲学兵庫県生まれ。

経歴[編集]

1973年淳心学院高等学校卒業、1977年東京大学教養学部教養学科(科学史及び科学哲学分科)卒業、1983年同大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専攻博士課程同単位取得退学、1985年関東学院大学工学部専任講師、1990年創価大学文学部助教授、1992年筑波大学哲学・思想学系助教授、1995年東京大学大学院総合文化研究科助教授、2000年5月「心の現代哲学」で東京大学博士(学術)2007年 准教授、2008年教授(広域科学専攻相関基礎科学系)

2011年科学基礎論学会理事長

著作[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • ハイデガーと認知科学』門脇俊介共編 産業図書 2002
  • 『シリ―ズ心の哲学Ⅰ 人間篇』(編) 勁草書房、2004年、担当「心の哲学のおもな流れ」1頁~23頁 ISBN 4326199245
  • 『シリ―ズ心の哲学Ⅱ ロボット篇』編 勁草書房、2004年、担当「認知哲学のおもな流れ」1頁~26頁 ISBN 4326199253
  • 『シリ―ズ心の哲学Ⅲ 翻訳篇』編 勁草書房、2004年、担当「心の哲学の基本問題」1頁~16頁 ISBN 4326199261
  • 『脳神経倫理学の展望』原塑共編著 勁草書房 2008
  • 『脳科学は何を変えるか? まだ見ぬ未来像の全貌』エクスナレッジ共編 エクスナレッジ 2010
  • 『脳神経科学リテラシー』原塑,山本愛実共編著 勁草書房 2010
  • 『精神医学と哲学の出会い 脳と心の精神病理』中山剛史共編著 玉川大学出版部 2013

訳書[編集]

  • ジェリー・A.フォーダー『精神のモジュール形式 人工知能と心の哲学』伊藤笏康共訳 産業図書 1985
  • A.J.エイヤー『ウィトゲンシュタイン』みすず書房 1988
  • ゼノン・W.ピリシン『認知科学の計算理論』産業図書 1988
  • ポール・チャーチランド 『認知哲学―脳科学から心の哲学へ』(宮島昭二との共訳) 産業図書、1997年 ISBN 4782801114
  • ルース・G.ミリカン『意味と目的の世界 生物学の哲学から』勁草書房 ジャン・ニコ講義セレクション 2007
  • スーザン・ブラックモア 『1冊でわかる 意識』(筒井晴香西堤優との共訳)、岩波書店、2010年 ISBN 4000269011
  • パトリシア・S・チャーチランド『脳がつくる倫理 科学と哲学から道徳の起源にせまる』樫則章, 植原亮共訳 化学同人 2013

外部リンク[編集]

  • 信原幸弘 - 東大の科学史・科学哲学研究室のサイト内にある自己紹介。写真、略歴、執筆した論文のリストなどが見られる。

参考[編集]

  • 『駒場2001』