中立一元論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中立一元論(ちゅうりついちげんろん、: Neutral monism)は、心の哲学という分野で、心身問題に対して取られる立場のひとつ。世界の究極的な実在として、物理的でも心的でもない一種類の中間的なものを考える立場。物理的なものだけが存在する、とする物理主義や、心的なものだけが存在するという観念論と対立しつつ、その両者の中間的位置を取る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]