バーナード・ウィリアムズ (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーナード・ウィリアムズ(Sir Bernard Arthur Owen Williams, 1929年9月21日 - 2003年6月10日)とはイギリスの哲学者。

道徳的な決定に関する非個人的な要素を強調するカント主義や功利主義の倫理学の学説に反論を唱え、実践的な道徳生活は個人的な計画と関連していると論じた。

経歴[編集]

1929年にイングランド東部で公務員の息子として生まれ、チガウェル校を経て1951年にオックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業した。在学中にウィリアムズはカナダで一年間の軍務についており、この時に後に結婚するシャーリーと出会っている。1951年にオックスフォード大学のオール・ソウルズ・カレッジの研究職を得てイングランドに戻り、1955年に結婚した。1959年から1964年まではロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで勤務し、同大学のベッドフォード・カレッジの哲学教授に就き、1967年から1987年までケンブリッジ大学で教鞭をとった。1988年に研究の拠点をアメリカに移し、カリフォルニア大学バークレー校に籍を置いた。ウィリアムズは王立委員会や政府委員会の委員としても活動している。2002年にケンブリッジ大学から博士号が授与され、2003年にローマで死去した。

主要業績[編集]

  • Morality: an introduction to ethics, Harper & Row, 1972.
  • Problems of the self: philosophical papers, 1956-1972, Cambridge University Press, 1973.
  • Descartes: the project of pure enquiry, Harvester Press , 1978.
  • Moral luck: philosophical papers, 1973-1980, Cambridge University Press, 1981.
  • Ethics and the limits of philosophy, Harvard University Press, 1985.
森際康友下川潔訳『生き方について哲学は何が言えるか』、産業図書、1993年。
  • Shame and necessity, University of California Press, 1993.
  • Making sense of humanity, and other philosophical papers, 1982-1993, Cambridge University Press, 1995.
  • Plato, Routledge, 1999.
  • Truth & truthfulness: an essay in genealogy, Princeton University Press, 2002.
  • In the beginning was the deed: realism and moralism in political argument, Princeton University Press, 2005.
  • Philosophy as a humanistic discipline, Princeton University Press, 2006.
  • The sense of the past: essays in the history of philosophy, Princeton University Press, 2006.
  • On opera, Yale University Press, 2006.

共著[編集]

  • Utilitarianism: for and against, J. J. C Smart and Bernard Williams, Cambridge University Press, 1973.

編著[編集]

  • British analytical philosophy, edited by Bernard Williams and Alan Montefiore, Routledge & Kegan Paul, 1966.
  • Obscenity and film censorship: an abridgement of the Williams report, edited by Bernard Williams, Cambridge University Press, 1981.
  • Utilitarianism and beyond, edited by Amartya Sen and Bernard Williams, Cambridge University Press, 1982.