マイケル・ウォルツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ウォルツァー(2002年11月18日撮影)

マイケル・ウォルツァー(Michael Walzer, 1935年3月3日-)は、アメリカ合衆国政治哲学者。プリンストン高等研究所教授。

ニューヨーク生まれ。ブランダイス大学卒業後、ケンブリッジ大学留学を経て、1961年にハーヴァード大学から博士号(政治学)取得。プリンストン大学、ハーヴァード大学で教鞭をとり、1980年から現職。

マイケル・サンデルチャールズ・テイラー等とともに、コミュニタリアニズム(共同体主義)の一人とされる。

リベラル左派の論客として知られるが、アメリカ同時多発テロ事件以後のブッシュ政権の対テロ戦争を支持した。また正戦論の復活によって、1970年代に正しい戦争の要件やルールを考察した著書『正しい戦争と不正な戦争』(Just and Unjust Wars )が注目されている。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Revolution of the Saints: A Study in the Origins of Radical Politics, (Harvard University Press, 1965).
  • Obligations: Essays on Disobedience, War, and Citizenship, (Harvard University Press, 1970).
山口晃訳『義務に関する11の試論――不服従、戦争、市民性』(而立書房, 1993年)
  • Just and Unjust Wars: A Moral Argument with Historical Illustrations, (Basic Books, 1977, 2nd ed., 1992, 3rd ed., 2000, 4th ed., 2006).
萩原能久監訳『正しい戦争と不正な戦争』(原著第四版, 風行社, 2008年)
  • Radical Principles: Reflections of an Unreconstructed Democrat, (Basic Books, 1980).
  • Spheres of Justice: A Defense of Pluralism and Equality, (Basic Books, 1983).
山口晃訳『正義の領分――多元性と平等の擁護』(而立書房, 1999年)
  • Exodus and Revolution, (Basic Books, 1985).
荒井章三訳『出エジプトと解放の政治学』(新教出版社, 1987年)
  • Interpretation and Social Criticism, (Harvard University Press, 1987).
大川正彦川本隆史訳『解釈としての社会批判――暮らしに根ざした批判の流儀』(風行社, 1996年)
  • The Company of Critics: Social Criticism and Political Commitment in the Twentieth Century, (Basic Books, 1988).
  • What It Means to be an American, (Marsilio, 1992).
古茂田宏訳『アメリカ人であるとはどういうことか――歴史的自己省察の試み』(ミネルヴァ書房, 2006年)
  • Thick and Thin: Moral Argument at Home and Abroad, (University of Notre Dame Press, 1994).
芦川晋・大川正彦訳『道徳の厚みと広がり――われわれはどこまで他者の声を聴き取ることができるか』(風行社, 2004年)
  • On Toleration, (Yale University Press, 1997).
大川正彦訳『寛容について』(みすず書房, 2003年)
  • Arguing about War, (Yale University Press, 2004).
駒村圭吾鈴木正彦松元雅和訳『戦争を論ずる――正戦のモラル・リアリティ』(風行社, 2008年)
  • Politics and Passion: Toward A More Egalitarian Liberalism, (Yale University Press, 2004).
斎藤純一谷沢正嗣和田泰一訳『政治と情念――より平等なリベラリズムへ』(風行社, 2006年)
  • Thinking Politically: Essays in Political Theory, (Yale University Press, 2007).
『政治的に考える――マイケル・ウォルツァー論集』、萩原能久・齋藤純一監訳、風行社、2012年

共著[編集]

  • Multiculturalism: Examining the Politics of Recognition, with Charles Taylor et al., (Princeton University Press, 1994).
佐々木毅辻康夫向山恭一訳『マルチカルチュラリズム』(岩波書店, 1996年/岩波モダンクラシックス, 2007年)

編著[編集]

  • Toward a Global Civil Society, (Berghahn Books, 1995).
石田淳越智敏夫・向山恭一・佐々木寛高橋康浩訳『グローバルな市民社会に向かって』(日本経済評論社, 2001年)
  • Law, Politics, and Morality in Judaism, (Princeton University Press, 2006).

共編著[編集]

  • Pluralism, Justice, and Equality, co-edited with David Miller, (Oxford University Press, 1995).
  • Authority, co-edited with Menachem Lorberbaum and Noam J. Zohar, (Yale University Press, 2000).
  • Membership, co-edited with Menachem Lorberbaum and Noam J. Zohar, (Yale University Press, 2003).