オール・ソウルズ・カレッジ (オックスフォード大学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オール・ソウルズ・カレッジ (All Souls College、正式名称: The Warden and College of the Souls of all Faithful People deceased in the University of Oxford)は イギリスオックスフォード大学の構成カレッジの1つ、研究施設となっている。最も富んだカレッジの1つ。

ヘンリー6世と Henry Chichele によって1438年に設立された。

100年毎に Fellows(研究員)が松明を持って Mallard Song という歌を歌いながらカレッジのまわりをパレードする慣習がある。最後の式典は2001年に行われ、次回は2101年に行われる。

Fellows(研究員)[編集]

参照:Fellows of All Souls

外部リンク[編集]