マイケル・ハワード (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・ハワード(Sir Michael Eliot Howard, 1922年11月29日-)は、イギリス歴史学者。専門は軍事史国際戦略研究所(IISS)名誉所長。

オックスフォード大学クライスト・チャーチ校で学ぶ。第二次世界大戦中はコールドストリームガーズの一員として従軍、イタリア戦線で戦い、二度の負傷を経験した。

戦後は大学に戻り、修士・博士号を取得、1947年よりロンドン大学キングス・カレッジに赴任し、戦争学部(Department of War Studies)創設に携わる。1964年には同学部初の正教授に就任した。1970年からはオックスフォード大学に異動し、オール・ソウルズ・カレッジのチチェリー講座教授(1977-80年)、現代史欽定講座教授(1980-89年)を歴任し、この間には国際戦略研究所会長も務めた。その後、イェール大学歴史学部に軍事史・海軍史講座担当教授として赴任し、1993年に退職する。

クラウゼヴィッツ研究の泰斗として知られ、ハワードらが翻訳・解説を担当した『戦争論』の英語訳は英語圏でのスタンダードとして用いられている。2005年、メリット勲章を受賞。

著書[編集]

  • Disengagement in Europe, (Penguin Books, 1958).
  • The Mediterranean Strategy in the Second World War, (Weidenfeld & Nicolson, 1968).
  • The Franco-Prussian War: the German Invasion of France, 1870-1871, (Collier Books, 1969, 2nd ed., 2001).
  • Studies in War and Peace, (Viking Press, 1971).
  • The Continental Commitment: the Dilemma of British Defence Policy in the Era of the Two World Wars, (Maurice Temple Smith Ltd., 1974).
  • War in European History, (Oxford University Press, 1976).
『ヨーロッパ史と戦争』(奥村房夫・奥村大作訳, 学陽書房〈現代政治選書〉, 1981年)
改訂版 『ヨーロッパ史における戦争』(中公文庫, 2010年)
  • War and the Liberal Conscience, (Temple Smith, 1978).
『戦争と知識人――ルネッサンスから現代へ』(奥村房夫ほか訳, 原書房〈文化史選書〉, 1982年)
  • The Lessons of History, (Clarendon Press, 1981).
  • The Causes of Wars and Other Essays, (Harvard University Press, 1981, 2nd ed., 1983).
  • Clausewitz, (Oxford University Press, 1983).
  • British Intelligence in the Second World War, Volume 5: Strategic Deception, (Cambridge University Press, 1990).
  • The Invention of Peace: Reflections on War and International Order, (Profile Books, 2000).
  • Clausewitz: A Very Short Introduction, (Oxford University Press, 2002).
  • The First World War, (Oxford University Press, 2002).
  • The First World War: A Very Short Introduction, (Oxford University Press, 2007).
『第一次世界大戦』、馬場優訳、法政大学出版局、2014年
  • Captain Professor: A Life in War and Peace (autobiography),(Continuum Intl Pub Group, 2006)
  • Liberation or Catastrophe?: Reflections on the History of the 20th Century, (Hambledon Press, 2007)

共著[編集]

  • The Coldstream Guards, 1920-1946, with John Sparrow, (Oxford University Press, 1951).
  • 『ヨーロッパの苦悩――東西兵力引離しの構想』(小幡操・湯浅義正訳, 岩波書店岩波新書], 1959年)
  • Israel and the Arab World: the Crisis of 1967, with Robert Hunter, (Institute for Strategic Studies, 1967).

編著[編集]

  • Soldiers and Governments: Nine Studies in Civil-Military Relations, (Indiana University Press, 1957).
  • The Theory and Practice of War: Essays presented to Captain B.H. Liddell Hart, (Indiana University Press, 1975).
  • Restraints on War: Studies in the Limitation of Armed Conflict, (Oxford University Press, 1979).

共編著[編集]

  • The Quest for Stability: Problems of West European security, 1918-1957, co-edited with R. Ahmann and A.M. Birke, (Oxford University Press, 1993).
  • The Laws of War: Constraints on Warfare in the Western World, co-edited with George J. Andreopoulos and Mark R. Shulman, (Yale University Press, 1994).
  • The Oxford History of the Twentieth Century, co-edited with Wm. Roger Louis, (Oxford University Press, 1998).

翻訳[編集]