テアイテトス (対話篇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Plato Silanion Musei Capitolini MC1377.jpg
プラトンの著作
初期:
ソクラテスの弁明 - クリトン
エウテュプロン - カルミデス
ラケス - リュシス - イオン
ヒッピアス (大) - ヒッピアス (小)
初期(過渡期):
プロタゴラス - エウテュデモス
ゴルギアス - クラテュロス
メノン - メネクセノス
中期:
饗宴 - パイドン
国家 - パイドロス
パルメニデス - テアイテトス
後期:
ソピステス - 政治家
ティマイオス - クリティアス
ピレボス - 法律
第七書簡
偽書及びその論争がある書:
アルキビアデスI - アルキビアデスII
ヒッパルコス - 恋敵 - テアゲス
クレイトポン - ミノス - エピノミス
書簡集(一部除く) - 定義集
正しさについて - 徳について
デモドコス - シーシュポス
エリュクシアス - アクシオコス
ハルシオン

テアイテトス』(テアイテートス、: Θεαίτητος: Theaetetus)は、プラトンの著した中期末の対話篇[1][2]。副題は「知識[3]について」。

構成[編集]

登場人物[編集]

導入部[編集]

回想部[編集]

年代・場面設定[編集]

コリントスメガラとその外港ニサイアアテナイの位置関係。

導入部[編集]

紀元前369年メガラにて。メガラ郊外から市内へとやってきたテルプシオンは、しばらくして帰ってきたエウクレイデスに出くわす。エウクレイデスは外港ニサイアに行く予定だったが、その途中で、テーバイアテナイが戦闘を繰り広げているコリントスの陣地にて負傷と赤痢で危険な状態となり、アテナイへと運ばれていくテアイテトスと出くわし、彼を途中の道まで見送っていったのだという。

その帰り道に、エウクレイデスは、かつて亡くなる直前のソクラテスが、少年期のテアイテトスと問答をかわし、絶賛していた話を思い出したという。それを書き留めておいた書物があることを前々から聞いていたテルプシオンは、それを読ませてほしいと頼み、二人はエウクレイデスの家に行く。こうして書物の中身である当時の対話内容が述べられていく。

回想部[編集]

紀元前399年[6]アテナイ、某体育場(ギュムナシオン[7]にて。ソクラテスとテオドロスは、見込みのある若者について話していたところ、ちょうど話題にしていたテアイテトスがやってきた。そこで彼らはテアイテトスを呼び、問答をかわしていく。

内容[編集]

本対話篇では「知識とは何か?」という問いについてソクラテス、テアイテトス、テオドロスの間で対話が為される。結論から言えば、問いへの回答は失敗に終わっている。

本対話篇で、ソクラテスは「知識とは何か?」と問いかけ、知覚、正しいジャッジメントフランス語版事実として表明されたオピニオン英語版)、ロゴス(説明)を伴うジャッジメントフランス語版、という知識の3つの候補がテアイテトスに試みられるが、いずれの候補もソクラテスによって退けられ、それを回答しにソクラテスは裁判に向かう(ソクラテスの弁明)。

とは言え、「知識とは何か?」という問いとそれへの回答に絡ませて、『プロタゴラス』でも検討されたプロタゴラス相対主義的主張の論駁、ヘラクレイトスの学説の論駁、そして〈有〉についてという『ソピステス』でより深く語られるようなテーマなども語られており、『テアイテトス』の内容には知識の反例を示す大きな意味がある。

ソクラテスの弁明』においてソクラテスは『無知の知』を用い、原告側のメレトス英語版アニュトス英語版が正しいと主張するジャッジメントフランス語版をひとつひとつ例証しながら論駁してゆく。この『無知の知』を用いた論駁は、「知識とは何か?」という問いかけに本書中で答えられた候補の実例に対する論駁となっており、原告側が議論に敗れるのである。

日本語訳収録[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『テアイテトス』 田中美知太郎訳 岩波文庫 p295
  2. ^ 『プラトン全集 3』 岩波書店 p395
  3. ^ エピステーメー」(: ἐπιστήμη、epistēmē)の訳語。
  4. ^ a b 共に『パイドン』で言及されるソクラテス臨終時の立会人に名を列ねている。
  5. ^ 『テアイテトス』 田中美知太郎 岩波文庫 pp233-234
  6. ^ 本篇末尾の記述から、時期としてはメレトスに告発された後、予審のために役所に出頭する直前、すなわち、『エウテュプロン』の直前ということになる。
  7. ^ エウテュプロン』の冒頭の発言に則るならば、「リュケイオン」である蓋然性が高い。

関連項目[編集]