パルメニデス (対話篇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パルメニデス』(パルメニデース、: Παρμενίδης: Parmenides)とは、プラトンの中期対話篇の1つ。副題は「イデアについて」。

構成[編集]

登場人物[編集]

後代話者[編集]

媒介者[編集]

回想部話者[編集]

時代・場面設定[編集]

アテナイの地図。アゴラ北西部にケラメイコス区がある。

年代不詳(内容からしてソクラテス死後の紀元前390年代[3])のアテナイクラゾメナイから哲学仲間を連れてアテナイを訪れたケパロスは、アゴラで旧知のアデイマントス、グラウコンと出会い、彼らの異父弟アンティポンについて尋ねる。かつてあったソクラテスとパルメニデス、ゼノンの会話を、ゼノンの仲間だったアテナイ人ピュトドロスから、アンティポンが聞かされて覚えているという話を聞いて、是非それを聞かせてもたいのだという。

こうして彼らはアンティポンの家へ行き、アンティポンから話を聞く。そしてケパロスは、その内容を読者に語り始める。

紀元前450年頃、パンアテナイア祭[4]のためにアテナイを訪れていたパルメニデスとゼノンは、ケラメイコス区にあるピュトドロスの家に滞在していた。当時まだ若かったソクラテスらは、そこを訪ね、ゼノンに論文の朗読をしてもらう。そこにパルメニデス、ピュトドロス、アリストテレスらが外出から帰ってきた。

論文の内容について質問していたソクラテスは、そのままパルメニデスと問答を始める。その流れが本篇の4分の1程度続き、残りの4分の3は、パルメニデスによるアリストテレスを相手にした問答に占められる。

特徴・補足[編集]

本篇は、かつてのソクラテス、パルメニデス、ゼノンらのやり取りを、そこに居合わせたピュトドロスが、プラトンの異父弟アンティポンに教え、それをクラゾメナイ人のケパロスが聞き、後日読者に語るという、多重に間接的・伝聞的な構成となっている。

内容[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国家』の登場人物であるケパロスとは別人。
  2. ^ もちろん、プラトンの弟子アリストテレスとは別人であり無関係。
  3. ^ ソクラテスに直接話を聞けない、プラトン異父弟の年齢などから。
  4. ^ パンアテナイア祭とは - 世界大百科事典/コトバンク

関連項目[編集]