ジャンニ・ヴァッティモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vattimo

ジャンニ・ヴァッティモGianni Vattimo1936年1月4日 - )はイタリア美学者、哲学者、政治家

トリノ大学にてルイジ・パレイゾンのもとで哲学の学位を取得。ハイデルベルク大学カール・レーヴィットハンス・ゲオルク・ガダマーのもとでも学んだ。その後、トリノ大学にて長らく美学・哲学を講じている。なお、同じくパレイゾンのもとで学んだウンベルト・エーコとは、哲学上の立場を異にしつつも無二の親友であるという。

「弱い思考」として世界的に知られるヴァッティモの解釈学は、「すべては解釈にほかならない」というフリードリヒ・ニーチェに端を発している。そしてマルティン・ハイデガーの強い影響下で、絶対的な起源や基礎づけを求める「強い」思考を批判し、そのような「強さ」を求めない「弱い思考」を提起し、多元性、差異性を積極的に引き受けようとする。しかし同時に、無際限な「相対主義」や伝統なるものへの回帰を叫ぶ反動主義(反科学主義)を、現実の被投企性を忘却するものとして批判することも忘れてはいない。

ヴァッティモの思想は、同じくハイデガーの強い影響下にあるジャック・デリダエマニュエル・レヴィナスと近しいものがある。しかしあくまでも解釈の多元性と現実の被投企性を引き受けるヴァッティモは、デリダやレヴィナスの思想を現実の多くの媒介を忘却して「まったき他者」との「垂直」の関係を呼び戻してしまったという点で批判してもいる。また、ユルゲン・ハーバーマスの「無際限のコミュニケーション」による社会の透明性への希求も、そのような無際限のコミュニケーションは実は透明性をもたらさず、逆に不透明さと混迷をもたらすだろうとして、批判する。

とはいえ、ヴァッティモはそこから逆に、そのような不透明さこそが、現実の多元性へと目を開かせてくれるものとして積極的に捉え返し、透明なコミュニケーションという「ユートピア」ではなく、複数の解釈が織りなす「ヘテロトピア」という視点を提示する。キリスト教解釈に関しても、「弱さ」すなわち、原理としての脆さに注目している。

著書[編集]

  • Il concetto di fare in Aristotele, Giappichelli, Torino, 1961
  • Essere, storia e linguaggio in Heidegger, Filosofia, Torino 1963.
  • I potesi su Nietzsche, Giappichelli, Torino, 1967.
  • Poesia e ontologia, Mursia, Milano 1968.
  • Schleiermacher, filosofo dell'interpretazione, Mursia, Milano, 1968.
  • Introduzione ad Heidegger, Laterza, Roma-Bari, 1971.
  • Il soggetto e la maschera, Bompiani, Milano, 1974.
  • Le avventure della differenza, Garzanti, Milano, 1980.
  • Al di là del soggetto, Feltrinelli, Milano, 1981.
  • La fine della modernità, Garzanti, Milano, 1985.
  • Introduzione a Nietzsche, Laterza, Roma-Bari, 1984.
  • La società trasparente, Garzanti, Milano, 1989; accresciuta, 2000.
  • Etica dell' interpretazione, Rosenberg & Sellier, Torino, 1989.
  • Filosofia al presente, Garzanti, Milano, 1990.
  • Oltre l'interpretazione, Laterza, Roma-Bari, 1994.
  • Credere di credere, Garzanti, Milano, l996.
  • Dialogo con Nietzsche. Saggi 1961-2000, Garzanti, Milano, 2000.
  • Vocazione e responsabilità del filosofo, Il Melangolo, 2000.
  • Tecnica ed esistenza. Una mappa filosofica del Novecento, Paravia, 2002.
  • Dopo la cristianità. Per un cristianesimo non religioso, Garzanti, Milano, 2002.
  • Nichilismo ed emancipazione. Etica, politica, diritto, Garzanti, Milano, 2003.
  • Il futuro della religione. Carità, ironia, solidarietà, in dialogo con Rorty, Garzanti, Milano, 2005.

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

執筆の途中です この「ジャンニ・ヴァッティモ」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。