アルフレッド・エイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・アルフレッド・ジュールズ・エイヤー
Sir Alfred Jules Ayer
生誕 1910年10月29日
イギリスの旗 イギリスロンドン
死没 1989年6月27日(満78歳没)
イギリスの旗 イギリス・ロンドン
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 分析哲学
研究分野 論理学
言語哲学
認識論
哲学史思想史
社会思想政治哲学
主な概念 論理実証主義
無神論

人格
テンプレートを表示

サー・アルフレッド・ジュールズ・エイヤー(Sir Alfred Jules Ayer、姓はエアとも、1910年10月29日 - 1989年6月27日)は、イギリス哲学者で、論理実証主義の代表者、イギリスへの紹介者として知られている。一般には、A.J.Ayerという呼称が使われる。親しい友人たちからは、「フレディ」(Freddie)と呼ばれる。著書の中では『言語・真理・論理』(1936年)と『知識の問題』(1956年)が特に名声を博している。

エイヤーは、1946年から1959年までユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの心と論理学のグロート教授職にあり、その後オックスフォード大学の論理学のウェイクハム教授職に移った。彼は1970年にナイトに叙勲されている。

生涯[編集]

エイヤーは、イートンカレッジで人文科学の教育を受けた。そしても第二次世界大戦の間、イギリス軍に徴兵され、秘密情報部 で働いた。エイヤーは、有名な派手な交際家で、女たらし(womanizer)でもあり、生涯にディー・ウェルズ、バネッサ・ローソン(旧姓、サーモン)らと4度の結婚をしている。再三再四、彼はロンドンのクラブに出没しダンスやお喋りを楽しむのが常であった。

彼は、アイザイア・バーリンの友人でもある。

エイヤーは、無神論者を以って自ら任じている。エイヤーによれば、宗教的な言語は文学的な戯言と一緒で証明できないから、というのである。結局、「神はいない」という言葉すら、エイヤーにとっては、「神は存在する」というのと同様に無意味で、形而上学的ということになったのである。エイヤーは、「神は存在しない」という宣言に賛意を与えはしなかったが、神の存在という信念に同意を与えるのを保留したということにおいて、無神論者だったのである。「神」の表れを証明不可能な仮説に過ぎないと信ずる人物の立場の取り方は、時折奇妙な有神論(igtheism)として言及されることもある。igtheismという変わった表現は、ポール・クルツの"The New Skepticism: Inquiry and Reliable Knowledge", ISBN 0879757663 のp194で定義が示され、これはバートランド・ラッセルが、イェズス会の学者フレデリック・コプルストンと宗教の話題について議論をした際に注記の中で用いられている。

エイヤーは、イギリスの世俗の人文主義(secular humanism)の運動と密接なかかわりを持っていた。彼は、1947年からその死に至るまで合理主義者出版連盟(Rationalist Press Association)の名誉会員でもあった。1965年、不可知論採用協会(the Agnostics' Adoption Society )の初代総裁に就任している。その同じ年、ジュリアン・ハクスリーがイギリス人文主義者連盟(British Humanist Association)の初代総裁に就任し、1970年までその地位に留まった。1968年、エイヤーは人文主義の意味についてのエッセイを集めて、"The Humanist Outlook"(人文主義者の素顔)と題して刊行している。

エイヤーは、アメリカでも数度にわたり講義を行っており、それには1987年秋のバード大学での客員教授としてのものなどがある。同じ年、ファッションデザイナーのフェルナンド・サンチェスが開いたパーティーで、エイヤーは、当時77歳だったが、ナオミ・キャンベルにネチネチと性的な嫌がらせをしているマイク・タイソンに出会った。エイヤーが、タイソンにそれを止めるように言った所、タイソンは、「俺に説教を垂れようというお前は何者だ? 俺はヘビー級の世界チャンピオンだぞ」といい、エイヤーは「私は、前ウェイクハム論理学教授だ。我々は、2人ともそれぞれの分野の世界的著名人なんだぞ。私は、こういうことについては話の分かる人間らしく語り合った方がいいと思うんだがね。」と答えた(以下の参考文献、ロジャーズのものを参照のこと、p.344)。エイヤーとタイソンはお喋りを始め、ナオミ・キャンベルはその間にその場を離れた。

1989年の彼の死の少し前、エイヤーは尋常ではない臨死体験をした後、メディアの取材を受けた。これが生涯にわたり有名な宗教的懐疑主義からの離反の一歩ではないのかと誤って解釈されたためである。その経験について、エイヤーは、「死が私という存在の終わりを意味することになるだろうという私の信念を揺さぶるものだった、最も私はそれが終わりであることを希望し続けるつもりだが」と語っている。

業績[編集]

エイヤーの業績としておそらく最もよく知られているものは、とりわけ『言語・真理・論理』(1936年)で示された意味の検証原理である。この原理は、いわゆるウィーン学団の議論の核心である。エイヤーは若い客人としてウィーン学団に滞在しており、学団を率いたモーリッツ・シュリックは、既にその問題を自分自身の論文で発表していた。エイヤー自身はこの原理を次のように定式化している。「ある文が検証可能な経験的内容を持っている場合のみ、その文は有意味になりうる。それ以外、つまり文の内容が同語反復であったり形而上学的な場合は、その文は分析的である(いわば無意味、すなわち「文字通り意味を欠いている」)」。彼はこの本を23歳の時に書き始め、26歳の時に出版した。エイヤーの哲学的なアイディアは、ウィーン学団デイヴィッド・ヒュームから強く影響を受けている。彼はこの原理を明晰で鮮やかに、しかも論争的に提起したため、『言語・真理・論理』は論理的経験論の中心学説についての必須文献となっている。この本は20世紀の分析哲学の古典とみなされ、世界中の哲学講座で広く読まれている。またこの著作においてエイヤーは、意識をもつ人間と意識を持たない機械の区別を「異なったタイプの知覚的な振る舞い」の区別へと解消することを提唱している。この議論は1950年に出版されたチューリング・テスト、すなわち知性(意識)を示すための機械の能力テストの先駆けである。

1972年から73年にかけて、エイヤーはセント・アンドルーズ大学でギフォード講義を行った。この講義は後に『哲学の主要問題』として出版された。この本の序文において、彼はギフォード卿が「最も広い意味での『自然神学』」の発展を望んだことと、もし講演者が「誠実な人間であり、真の思想家であり、真理を誠実に愛し心から探求する者」でありうるなら無信仰者であっても講義が許されることを根拠にして、講演者になるという自分の選択を弁護している。ここでも彼は、自分が論理実証主義者と共有した観点にしたがい次のことを主張した。つまり、伝統的に「哲学」と呼ばれているものの大半は――形而上学神学、そして美学も含めて――その真偽を判断しうるものではないこと、そしてこれらを議論することは無意味だということである。

『人格の概念とその他のエッセイ』(1963年)において、エイヤーはウィトゲンシュタインの私的言語論を激しく批判した。

『経験的知識の基礎』(1940年)におけるエイヤーのセンス・データ理論は、オックスフォードの同僚でもあったジョン・L・オースティンによる1950年代の日常言語哲学の記念碑的な著作『センスとセンシビリア』において批判された。エイヤーはこれに対し、『形而上学と常識』(1969年)に所収の「オースティンはセンス・データ理論を論駁したか?」という論文で反論している。

エイヤーはバートランド・ラッセルについて『ラッセルとムーア:分析哲学の遺産』(1971年)と『ラッセル』(1972年)という二つの著作を書いている。彼はまた、デイヴィッド・ヒュームの哲学の入門書やヴォルテールの伝記を著している。

エイヤーは、18世紀啓蒙時代におけるフランスの哲学者ヴォルテールを非常に敬愛していたことで知られている。それは常に、何をも恐れず理性的に学問を試みたヴォルテールの知的誠実さに対しての敬愛であり、エイヤーの著作『ヴォルテール』の序文の言葉には「彼の精神的勇気への私の感嘆の念」と表現されている。しかし20世紀の現代において、ヴォルテールの認知度は衰えずとも、ヴォルテールはその膨大な数の著作や思想の深さにもかかわらず、哲学をはじめとする学問の世界ではあまり読まれることも研究されることもないという状況があって、エイヤーはそうした状況を改善しようと努力し、『ヴォルテール』という一冊の評伝を完成させている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

その他の参考文献[編集]

著作[編集]

  • 1936, Language, Truth, and Logic, London: Gollancz. (2nd. Edition, 1946.)/吉田夏彦訳、『言語・真理・論理』、岩波書店、1955年
  • 1940, The Foundations of Empirical Knowledge, London: Macmillan./神野慧一郎、中才敏郎、中谷隆雄訳 『経験的知識の基礎』、勁草書房、1991年
  • 1954, Philosophical Essays, London: Macmillan. (Essays on freedom, phenomenalism, basic propositions, utilitarianism, other minds, the past, ontology.)
  • 1957, The conception of probability as a logical relation, in S. Korner, ed., Observation and Interpretation in the Philosophy of Physics, New York, N.Y.: Dover Publications.
  • 1956, The Problem of Knowledge, London: Macmillan./神野 慧一郎訳、『知識の哲学』、白水社、1981年
  • 1963, The Concept of a Person and other Essays, London: Macmillan. (Essays on truth, privacy and private languages, laws of nature, the concept of a person, probability.)
  • 1967, Has Austin Refuted the Sense-Data Theory? Synthese vol. Xviii, pp. 117-40. (Reprinted in Ayer 1969).
  • 1968, The Origins of Pragmatism, London: Macmillan.
  • 1969, Metaphysics and Common Sense, London: Macmillan. (Essays on knowledge, man as a subject for science, chance, philosophy and politics, existentialism, metaphysics, and a reply to Austin on sense-data theory.)
  • 1971, Russell and Moore: The Analytical Heritage, London: Macmillan.
  • 1972a, Probability and Evidence, London: Macmillan.
  • 1972b, Bertrand Russell, London: Fontana./吉田夏彦訳、『ラッセル』、岩波書店、1980年
  • 1973, The Central Questions of Philosophy, London: Weidenfeld./竹尾治一郎訳、『哲学の中心問題』、法政大学出版局、1976年
  • 1977, Part of My Life, London: Collins.
  • 1979, Replies, in G. Macdonald, ed., Perception and Identity, London: Macmillan.
  • 1980, Hume, Oxford: Oxford University Press/篠原久訳、『ヒューム』、日本経済評論社、1994年
  • 1982, Philosophy in the Twentieth Century, London: Weidenfeld.
  • 1984, More of My Life, London: Collins.
  • 1984, Freedom and Morality and Other Essays, Oxford: Clarendon Press.
  • 1986, Ludwig Wittgenstein, London: Penguin./信原幸弘訳、『ウィトゲンシュタイン』、みすず書房、2005年
  • 1986, Voltaire, London: Random House/中川信、吉岡真弓訳、『ヴォルテール 』、法政大学出版局、1991年
  • 1988, Thomas Paine, London: Martin Secker & Warburg/ 大熊昭信訳、『トマス・ペイン―社会思想家の生涯』、法政大学出版局、1990年
  • 1990, The Meaning of Life and Other Essays, London: Weidenfeld & Nicolson

外部リンク[編集]