フリードリヒ・ナウマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・ナウマン

フリードリヒ・ナウマン(Friedrich Naumann、1860年3月25日-1919年8月24日)は、ドイツの政治家、プロテスタント神学者。ドイツ第二帝政期においてリベラル派を代表する政治家・言論人として、政界・メディアなどで活躍した。1915年に刊行した著書『中欧論(Mitteleuropa )』は、ドイツの戦争目的を明確化した点を含めて大きな反響を呼んだ。

関連項目[編集]

  • 自由民主党 (ドイツ) - ナウマンにちなんだフリードリヒ・ナウマン財団(Friedrich-Naumann-Stiftung für die Freiheit: FNF)を運営している。