スロベニア自由民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 スロベニアの政党
スロベニア自由民主党

Liberalna demokracija Slovenije
党首 Tone Anderlič
創立 1994年
本部 リュブリャーナ
青年部 Mlada liberalna demokracija
政治的思想 自由主義[1]
社会自由主義[2]
政治的立場 中道左派[3]
国際連携 自由主義インターナショナル
欧州連携 欧州自由民主改革党
欧州議会会派 欧州自由民主同盟
公式カラー Light blue
国会(下院)
0 / 90
欧州議会
1 / 8
公式サイト
http://www.lds.si
スロベニアの政治
政党一覧
選挙

スロベニア自由民主党(スロベニアじゆうみんしゅとう、Liberalna demokracija Slovenije)は、スロベニア自由主義政党。党首は、カタリナ・クレサルKatarina Kresal)。同党は自由主義インターナショナルおよび欧州自由民主改革党に加盟している。

1990年大統領選挙には哲学者のスラヴォイ・ジジェクを擁立した。2004年欧州議会選挙では自民党は21.9パーセントの得票でスロベニアの獲得議席7議席中2議席を獲得した。

スロベニア国内政治では、自民党は、1992年から2004年まで、2000年の一時期を除き、連立政権を構成してきた。1992年ヤネス・ドルノウシェクが自民党最初の首相に選出され、2002年には大統領に就任した。ドルノウシェクの大統領就任に伴い、後継首相には同党からアントン・ロップ前蔵相が選出された。しかし、2004年総選挙では議席を大幅に減らし、スロベニア民主党に第一党の座を明け渡し自民党は野党に回った。2007年まで下院で23議席(22.8パーセント)を維持するが、12人の議員が離党した。2008年総選挙では5議席しか獲得できず、2011年総選挙では議席を獲得できなかった。

2007年マテイ・ラホウニクsl:Matej Lahovnik)が代表となるが、前書記長(幹事長)のグレゴル・ゴロビッチen:Gregor Golobič)が離党し、新党ザレス(Zares、「真理」の意)を結成した。

脚注[編集]

  1. ^ Parties and Elections in Europe: The database about parliamentary elections and political parties in Europe, by Wolfram Nordsieck
  2. ^ Hloušek, Vít; Kopeček, Lubomír (2010), Origin, Ideology and Transformation of Political Parties: East-Central and Western Europe Compared, Ashgate, p. 114-115 
  3. ^ Day, Alan John; East, Roger; Thomas, Richard (2002), “Liberal Democracy of Slovenia”, A political and economic dictionary of Eastern Europe (Routledge): p. 331, http://books.google.de/books?id=dt2TXexiKTgC&printsec=frontcover&dq=day+east+thomas+political+dictionary+eastern+europe&hl=de&ei=AJjATsP3DYSLswa46oH2Ag&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CDEQ6AEwAA#v=onepage&q=Liberal%20Democracy&f=false 2011年11月14日閲覧。 

外部リンク[編集]