ノルベルト・ボッビオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノルベルト・ボッビオ(Norberto Bobbio、1909年10月18日-2004年1月9日)は、イタリアの思想家、法哲学者、政治思想史家。

ピエモンテ州ポルミダの中産階級の家庭に生まれる。高校時代にチェーザレ・パヴェーゼやレオーネ・ギンズブルクらと知り合う。トリノ大学に進学し、法哲学を専攻した。1935年、トリノ大学講師となったのち、カメリノ大学、シエナ大学パドヴァ大学で教鞭を執った。第二次大戦中、非合法組織「行動党」に参加し、1943-1944年の間、服役していた。1946年、イタリア議会選挙に立候補するが落選し、党活動からも離れ、アカデミズムの世界に戻り、1948年からトリノ大学で教鞭をとった。1984年、終身上院議員に指名された。

法の支配・権力分立・権力の制限の擁護者として、ボッビオは、社会主義者であったが、マルクス主義の多くに見られる反民主的・権威主義的な要素には反対していた。彼は、1970年代にイタリア共産党とキリスト教民主党との間で結ばれた「歴史的妥協」の熱烈な支持者だった。

著作[編集]

共著

外部リンク[編集]