レオナルド・ホブハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオナルド・ホブハウス

レオナルド・ホブハウス(Leonard Trelawny Hobhouse、1864年9月8日-1929年6月21日)は、イギリスの社会学者、政治学者、倫理学者、ジャーナリスト社会自由主義の代表的論者。

コーンウォール出身。1887年、オックスフォード大学コープス・クリスティ・カレッジ卒業後、母校の研究員となる。1897年から1907年までジャーナリストとして『マンチェスター・ガーディアン』紙を中心に寄稿したり、労働組合の活動に携わった。1907年、ロンドン大学の社会学教授に就任。

著書[編集]

  • The labour movement, T. Fisher Unwin, 1893.
  • Mind in evolution, Macmillan, 1901.
  • Democracy and reaction, T.F. Unwin, 1904.
  • Morals in evolution: a study in comparative ethics, Henry Holt, 1906.
  • Liberalism, Oxford University Press, 1911.
『自由主義とは何ぞや』、星野真一訳、実践社, 1936
『自由主義』、清水金二郎譯、三一書房, 1946
『自由主義――福祉国家への思想的転換』、社会的自由主義研究会訳、大月書店, 2010
  • The theory of knowledge: a contribution to some problems of logic and metaphysics, Methuen, 1911.
  • Social evolution and political theory, Columbia University Press, 1911.
『社會進化と政治理論』、土生秀穂譯、社会学研究会, 1923
  • Development and purpose: an essay towards a philosophy of evolution, Macmillan, 1913.
  • The world in conflict, T. F. Unwin, 1915.
  • Questions of war and peace, T. F. Unwin, 1916.
  • The metaphysical theory of the state: a criticism, Allen, 1918.
『国家の形而上学的学説』、鈴木栄太郎訳、不及社, 1924
  • The rational good, Henry Holt & Co., 1920.
『ホッブハウス合理的善――實踐論理學の一研究』、塩田秀介譯、四紅社, 1925
『社會哲學第一原理: 合理的善――實践論理學の一研究』、鹽田秀介訳、スキア書院, 1927
  • The elements of social justice, George Allen & Unwin, 1922
  • Social development: its nature and conditions, Henry Holt, 1924.

共著[編集]

  • The material culture and social institutions of the simpler peoples: an essay in correlation, with G. C. Wheeler and M. Ginsberg, Chapman & Hall, 1915.