BBC Two

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BBC Two
BBC Two.svg
BBC Twoのロゴ
開局 1964年4月20日
所有者 BBC
映像形式 576i (PAL)
16:9 SDTV
視聴率 6.8%
(2011年2月現在、BARB)
イギリス
過去名 BBC2 (20 April 1964–3 October 1997)
姉妹チャンネル BBC One
BBC Three
BBC Four
BBCニュース
BBC Parliament
BBC HD
公式サイト www.bbc.co.uk/bbctwo/
視聴可能
地上波放送
地上アナログ放送 2(2012年に終了)
フリービュー Channel 2
衛星放送
フリーサット Channel 102
Sky Channel 102(イギリス)
アスタナ2D 10773H 22000 5/6
CATV
ヴァージン・メディア Channel 102
インターネットテレビ
BBC Online Watch live (イギリスのみ)
TVCatchup Watch live (イギリスのみ)
BBC iPlayer Watch live (イギリスのみ)

BBC Two(ビービーシー・ツー)は、英国放送協会(BBC)のテレビチャンネル1964年4月20日に開局し、全世界に放送を行っている。1997年10月3日BBC2から現在の名称に改められた。

概要[編集]

さまざまなジャンルの「知的好奇心」を満たす番組を専門的に扱うことを目的とする。BBCのほかの国内向けテレビ・ラジオ局同様コマーシャルの入らない公共放送であるが、経営状態は比較的よい。世界の公共放送の中では高い視聴率を誇っている。

BBCがイギリスで放送する2番目のチャンネルである。1967年には、ヨーロッパのテレビ局ではじめてカラー放送のレギュラー化を行った。決して主流には乗らないが野心的なテレビ番組を多く送り出している。

沿革[編集]

BBC2の発足[編集]

1955年に開局した民間放送局 ITV(独立テレビジョン)は、公共放送であるBBCテレビジョンポピュリズムを批判した。放送に関するピリキントン委員会 (Pilkington Committee on Broadcastingは報告書を出し、BBCがイギリス第3のテレビ局を持つことが勧告した。この結果、1964年4月20日に BBC2 が開局された。なお、BBCテレビジョンはまもなくBBC1と改名された(現在のBBC One)。

BBC2の発足に先立ち、BBCテレビジョンでは、カンガルーの母子のキャラクター "Hullabaloo" と "Custard" を用いたアニメーションで新チャンネルの広告を行った。また、正式放送開始に先立って(正式放送開始後も数年間)技術試験放送(Trade Test Transmissions)と呼ばれる短編映像を放送していた。これは、BPシェルのような外部の企業によって制作されたもので、技術者がテレビの受信を確認するのに用いられた。この技術試験カラー映像 (Trade test colour filmsは、カルトな人気を博すことになる。

波乱の初放送[編集]

BBC2は、1964年4月20日の午後7時20分に正式の放送を開始し、内外のコメディアンによる娯楽番組と花火打ち上げで新チャンネルの発足を祝うはずであった。しかし、当日午後6時45分ころに大規模な停電が発生、BBCテレビジョンセンターは電力を喪失し、BBC2の予定の番組を放送することは不可能となってしまった(BBC1は無事だったアレクサンドラ・パレスのニュースセンターから放送を続けることができた)。この事態に、ライバルである Associated-Rediffusion(ITV の ロンドンにおけるフランチャイズ放送局)が放送協力を申し出る一幕もあったが、BBC2側は断っている。おそらくはプライドの問題であったろう。ともあれ、午後10時に至ってBBC2は当日の放送を断念、初放送は翌朝に延期された。

4月21日午前11時までにはスタジオの電力が復旧した。子供番組「プレイスクール」 (Play Schoolによって BBC2 の正式放送がはじまった。番組冒頭ではプレゼンターがろうそくの火を吹き消し、放送局の門出を見舞った事態をネタにした。

初期の放送[編集]

BBCは、新しい局のアイデンティティを確立し、視聴者をひきつけるために、ぜいたくな番組を投入した。ジョン・ゴールズワージーの『フォーサイト・サガ』のドラマ化で、ベテランの俳優であるケネス・モアエリック・ポーター (Eric Porterを配した。このドラマは、当時テレビを視聴することのできた900万人のうち、3人に2人までが見たという成功を収め、BBC2は人々の間に定着した。

他の2局(BBC1とITV)と異なり、BBC2はUHF(走査線625本)のみで放送しており、VHF(走査線405本)受像機では受信できなかった。このため、2つの方式双方を受信できる受像機の市場が生み出されることとなる。また、初期の放送の技術的な問題点としては、アメリカ製のビデオテープが放送できなかったことが挙げられる。これは、アメリカのNTSC規格との変換技術が未確立だったためであり、これはジェームズ・レッドモンド (James Redmondを長とする委員会で解決されることになる。

1967年7月、BBC2はPALシステムを用いてレギュラーのカラー放送を行う、ヨーロッパ初の放送局となった。13回シリーズの「シヴィライゼーション」 (Civilisationは、西洋美術・西洋文化の2世紀を新しいカラー放送システムで称える作品として制作された。BBC1とITVのカラー放送はこれより遅れ、1969年11月15日、2局同時に開始している。

地上デジタルテレビ放送への移行[編集]

イギリスでは地域ごとに地上デジタルテレビ放送への移行が行われているが、BBC Two は BBC の持つほかの局よりも4ヶ月先駆けて移行が行われている。視聴者に機材を導入する時間を与えるための措置である。

プログラムの特徴[編集]

主な番組としては『テレタビーズ』などの子供向け番組、自動車番組『トップ・ギア』や主に日中に放送される学校教育番組などを制作、また、アメリカNBCでも人気の『The Office』もBBC Twoで放送された。

外部リンク[編集]