The Office

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

The Office(ジ・オフィス)は、2001年2002年BBCで放送されたイギリスのテレビドラマ。

イギリスでは社会現象を巻き起こしたドラマであり、その人気に応えて2003年にスペシャル版も放送された。NBCリメイク権を買い取り、2005年よりアメリカ人俳優を起用したアメリカ版が放送されている。こちらもエミー賞作品賞などを受賞し、高評価を得ている。

概説[編集]

イギリスのロンドン郊外の町スラウにある製紙会社ウェーナム・ホッグの支社を舞台に、リッキー・ジャーヴェイス(演出と脚本も務めている)が演じる無神経な上司によって振り回されるオフィスの日常をドキュメンタリー・タッチで描いたシニカルなシチュエーション・コメディ番組である。

英国アカデミー賞では3年連続で作品賞とコメディ演技賞(ジャーヴェイス)が授与された。2003年にはBBCアメリカでも放送され、イギリスのテレビ作品としては初のゴールデングローブ賞の作品賞に輝く。スペシャル番組はエミー賞の候補にもなった。

日本では東芝エンタテインメントが配給し、WOWOW2005年コメディUK!内で放送された。


主な登場人物と配役[編集]

デヴィッド・ブレント(役
リッキー・ジャーヴェイス
ウェーナム・ホッグ社のスラウ支社マネージャー。無神経で無能なセクハラ親父。なのに、みんなから慕われ頼りにされていると思い込んでいる。
ティム・カンタベリー(役
マーティン・フリーマン
営業。30歳。大学を中退してウェーナム・ホッグに入社。実家住まい。受付嬢のドーンに好意を寄せている。ギャレスに何かとちょっかいを掛けて日頃のストレスを発散している。仕事にはうんざりしている。
ギャレス・キーナン(役
マッケンジー・クルック
ティムからの度重なる嫌がらせに耐えるマネージャー補佐。軍事オタク。ブレントとは結構馬が合う。ティムたちからはゲイねたでいじめられることが多い。
ドーン・ティンズリー(役
ルーシー・デーヴィス
ブレントからの度重なるセクハラと寒いギャグに耐える受付嬢。同じ会社で働く婚約者がいる。ティムの好意には気づいていないようだが、一方で彼が別の女性と仲良くしていると複雑な表情を見せる。

エピソード[編集]

2001年分
  • 第1話 俺は“理想の上司”
  • 第2話 セクハラ捜査室
  • 第3話 社内クイズ大会
  • 第4話 研修狂想曲
  • 第5話 美人秘書
  • 第6話 リストラ宣告
2002年分
  • 第7話 新しい部下たち
  • 第8話 査定と面接
  • 第9話 部下の誕生会
  • 第10話 講師は俺だ
  • 第11話 募金活動の日
  • 第12話 人生は山あり谷あり
2003年・クリスマススペシャル

最終回より3年後を舞台にした前後編のスペシャル版。WOWOWでは前後編に分け、第13話・14話として放送。

主な賞歴[編集]

以下の括弧内の年代は、特に記述がない場合は開催年である。

英国アカデミー賞[編集]

  • 第57回(2003年分)
    受賞
    • シチュエーション・コメディ賞
    • コメディ演技賞 - リッキー・ジャーヴェイス
    候補
    • コメディ演技賞 - マーティン・フリーマン
  • 第56回(2002年分)と第55回(2001年分)
    受賞(2回分)
    • シチュエーション・コメディ賞
    • コメディ演技賞 - リッキー・ジャーヴェイス

エミー賞[編集]

  • 第57回(2005)
    候補

CHIG CONG

ゴールデングローブ賞[編集]

  • 第61回(2004)
    受賞
    • 作品賞(テレビ部門/ミュージカルもしくはコメディ)
    • 主演男優賞(テレビ部門/ミュージカルもしくはコメディ) - リッキー・ジャーヴェイス

アメリカ版[編集]

2005年より放送が開始。人気コメディアンのスティーヴ・カレルを主演に迎えてリメイクされた。日本ではHuluで動画配信されている。

番組は第2シーズンで第58回プライムタイム・エミー賞コメディ部門の作品賞を受賞した。カレルはゴールデングローブ賞を受賞している。

その他の更なる詳報は英語版ウィキペディア内The Office (US TV series)を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]