行動論主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

行動論主義(英:behavioralism)は、第二次世界大戦後のアメリカ政治学学会に興った、自然科学をモデルに価値中立的で実証主義的、計量的な方法論で人間の政治行動を研究する立場。政治過程論の確立に貢献した。心理学行動主義(behaviorism)と名称が似通っているが関連は無い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]