サイモン・クリッチリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイモン・クリッチリー

サイモン・クリッチリーSimon Critchley1960年2月27日 - )は、イギリス哲学者である。専門は現象学大陸哲学フランス現代思想

経歴[編集]

クリッチリーはイギリスのエセックス大学フランスニース大学で学び、エセックス大学で1987年に修士号を、ニース大学で1988年に博士号を取得した。修士論文ではハイデガーカルナップにおける形而上学の扱いを(この話は『ヨーロッパ大陸の哲学』でも触れられている)、博士論文ではレヴィナスデリダにおける倫理学脱構築を扱った。

その後、カーディフ大学フェローになり、1985年にエセックス大学講師、1995年に助教授、1999年に教授になった。エセックス大学ではエルネスト・ラクラウと理論研究において協力した。1994年から1999年までイギリス現象学会の会長を務めた。2004年からニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Ethics of Deconstruction: Derrida and Levinas, (Blackwell, 1992, 2nd ed., 1999).
  • Very Little-- Almost Nothing: Death, Philosophy, Literature, (Routledge, 1997, 2nd ed., 2004).
  • Ethics, Politics, Subjectivity: Essays on Derrida, Levinas and Contemporary French Thought, (Verso, 1999).
  • Continental Philosophy: A Very Short Introduction, (Oxford University Press, 2001).
佐藤透訳、野家啓一解説、『ヨーロッパ大陸の哲学』、岩波書店、2004年
  • On Humour, (Routledge, 2002).
  • Things Merely Are: Philosophy in the Poetry of Wallace Stevens, (Routledge, 2005).
  • Infinitely Demanding: Ethics of Commitment, Politics of Resistance, (Verso, 2007).
  • The Book of Dead Philosophers, (Vintage, 2008).
杉本隆久国領佳樹訳、『哲学者たちの死に方』、河出書房新社、2009年

共著[編集]

  • On Heidegger's Being and Time, with Reiner Schürmann, (Routledge, 2008).

共編著[編集]

  • Re-reading Levinas, co-edited with Robert Bernasconi, (Indiana University Press, 1991).
  • Deconstructive Subjectivities, co-edited with Peter Dews, (State University of New York Press, 1996).
  • A Companion to Continental Philosophy, co-edited with William R. Schroeder, (Blackwell, 1998).
  • The Cambridge Companion to Levinas, co-edited with Robert Bernasconi, (Cambridge University Press, 2002).
  • Laclau: A Critical Reader, co-edited with Oliver Marchart, (Routledge, 2004).