フェルナンド・ペソア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リスボンのカフェA Brasileiraの前にあるペソアの像

フェルナンド・ペソア(Fernando António Nogueira de Seabra Pessoa、1888年6月13日 - 1935年11月30日)はポルトガル出身の詩人作家

ポルトガルの国民的作家として著名である。1988年に発行された100エスクード紙幣に肖像が印刷されていた。

経歴[編集]

リスボン生まれ。5歳のときに父親が結核で亡くなり、母親が南アフリカの領事と再婚したため、ダーバンに移る。ダーバンケープタウン英語による教育を受ける。17歳でポルトガルに戻り、リスボン大学で学ぶがのちに中退。祖母の遺産で出版社を興すが失敗し、貿易会社でビジネスレターを書くことで生計を立てた。

1915年に詩誌「オルフェウ」創刊に参加。わずか2号に終わるものの、ポルトガルのモダニズム運動の中心となった。少数の理解者を除き生前はほぼ無名であったが、死後にトランクいっぱいの膨大な遺稿が発見され、脚光を浴びるようになった。

作品[編集]

日本語で読める作品[編集]

  • ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選 (彩流社)
  • ペソアと歩くリスボン (彩流社)
  • 不穏の書、断章 (思潮社)
  • 不安の書 (新思索社)

外部リンク[編集]