改革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

改革(かいかく、reform)とは、ある対象を改め、変化させる事。革命に異なり、現時点での基本的な体制を保ちつつ、内部に変化を作ることをいう。変革(へんかく)とも呼ばれる。

概要[編集]

近年では、政治家スローガンとして乱用する事が多く、流行語的な要素を含んでいるため、聞く側はその改革が国民生活にとって良い物であるかどうかを見極める必要がある。とくに日本では、届出制というべきかは別にして、言ったもの勝ちの様相が強く、また、主張者とは違った意見を議論していくうちに、主張者の意見とは違った方向に進む骨抜きが生じるなど、実際の改革の内容やその影響まで吟味されることがない場合が多いだけに見極めは重要である。

また、政治家の選挙戦では、自身を「改革派」と称す一方、自身の政策に反対する勢力の事を「改革に反対する守旧勢力(抵抗勢力)」と呼ぶ等、独断と偏見が入り混じったレッテルを貼るネガティブ・キャンペーンが多用される場合もある。これは、中華人民共和国における文化大革命でも見られた現象である。なお、守旧派という言葉は、文化大革命以降利用されることが多くなった言葉である。

労働者保護や業界利権などしがらみの多い日本では、左派革新勢力がこれら既得権益と結びつくこともあり、革新勢力が守旧に回るような事態も少なくない。

改革の事例[編集]

関連[編集]