リュクサンブール公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュクサンブール公園
LuxembourgMontparnasse.JPG
トゥール・モンパルナスから見たリュクサンブール庭園
所在地
面積 22.45ha
開園 1612年
設備・遊具 リュクサンブール宮殿ほか
アクセス


RER.svgBRER B線リュクサンブール駅

Metro4パリメトロ4号線
オデオン駅

Metro12パリメトロ12号線
ノートル=ダム=デ=シャン駅
リュクサンブール宮殿の前でくつろぐ人々

リュクサンブール公園(–こうえん、Jardin du Luxembourg)は、フランスパリ6区にある公園。リュクサンブール庭園(–ていえん)と訳されることもある。

1612年にマリー・ド・メディシスの命によりリュクサンブール宮殿に付随するものとして造園された。第一執政期以降元老院(上院)の敷地となっている。元老院の議場等は、庭園北端のリュクサンブール宮殿に入っている。リュクサンブール公園は元老院の庭園にあたるが、一般に公開されており、パリっ子の憩いの場の一つとなっているほか、観光名所にもなっている。

22万4500平方メートル(22.45ヘクタール)の広さを持ち、うち21ヘクタールが公開されている。パリ市内では、ラ・ヴィレット公園(55ヘクタール)・テュイルリー庭園(25.5ヘクタール)・ビュット・ショーモン公園(25ヘクタール)等に次ぐ最大級の公園である。


特徴[編集]

リュクサンブール公園には、幼い子供とその両親向けに、フェンスで囲まれた広い遊び場がある。あやつり人形の劇場やメリー・ゴー・ラウンドもある。時には、ポニーの騎乗を楽しむこともできる。無料の音楽公演が広場のガゼボで開かれ、木陰の小ぢんまりとした手頃なレストランでは、多くの人々が屋内外で音楽とワインを楽しんでいる。

庭園の穏やかな雰囲気はよく知られている。小さな池では子供たちがおもちゃのボートで遊んでいる。池の周りには、かつてのフランス王妃の像が並んでいる。

パリ国立高等鉱業学校と劇場のオデオン座が、リュクサンブール公園に隣接している。

開放時間は季節(日の長さ)によって変わり、開門は07:30 から08:15頃 、閉門は16:45から21:45頃となっている。

庭園の東にRER B線リュクサンブール駅がある。

彫像[編集]

アントワーヌ・ヴァトーの記念碑。アンリ・デザイア・ゴーキー作。1896年。

庭園のあちこちに、合計100以上の彫像、記念碑、噴水がある。

中央の緑地の周りには、歴史上のフランスの王妃と女性の聖人の像が20ほど、台座の上に立っている。この中には、ジャンヌ・ダルブレブランシュ・ド・カスティーユアンヌ・ドートリッシュルイーズ・ド・サヴォワアンヌ・ド・ボージューのものもある。

他の彫像は以下の通り。

天文の泉

天文の泉[編集]

リュクサンブール公園の南端、「マルコ・ポーロの庭」に、1874年「天文の泉」(別名「4大陸の泉」「カルポーの泉」)が作られた。 この泉は1867年、Avenue de l'Observatoire (「天文台大通り」の意)の開発に伴って設置された。

ブロンズ製の泉は、4人の彫刻家の作品をあらわしている。 ルイ・ヴィユモは大の周りのガーランド・フェストーン(花飾り)を彫り、ピエール・ルグレンは十二宮の帯と、内側の球体と外の輪の部分を彫った。 動物を得意とする彫刻家エマニュエル・フレミエは、8頭の馬、海亀、水を噴き出す魚をデザインした。 ジャン=バティスト・カルポーは、もっとも重要な4人の女性の裸像を彫刻した。この女性像は地球を支えており、アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパの各大陸を象徴している。

画像[編集]


参考文献[編集]

  • 『Le jardin du Luxembourg / The Luxembourg gardens』André Arnold-Peltier,Vassili Karist, Éditions PIPPA, collection Itinérances (ISBN 2-916506-00-4) 14€90 (写真)

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度50分49秒 東経2度20分14秒 / 北緯48.84694度 東経2.33722度 / 48.84694; 2.33722