フィリップス・ワウウェルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップス・ワウウェルマン
生誕 1619年5月24日に洗礼
ハールレム
死去 1668年5月15日
ハールレム
テンプレートを表示

フィリップス・ワウウェルマン[1]Philips Wouwerman もしくは Wouwermansとも、1619年5月24日に洗礼 - 1668年5月15日)は、オランダ画家。狩りの情景や風景画、戦闘場面を描いた。オランダ絵画黄金時代において、最も多彩で多作な画家のひとりである。

生涯[編集]

1619年にハールレムで画家の父親の元に生まれる。コルネリス・デ・ビーによると、ワウウェルマンはフランス・ハルスの元で学んだというが、彼の作品にハルスの影響は特に見られない。1630年代後半に短期間ハンブルクに住んだが、人生のほとんどをハールレムで過ごした。1640年にハールレムの聖ルカ組合に登録している。 [2] 画家としてだけでなく、不動産取引も多く行ったようで記録が残っている。

初期にはピーテル・ファン・ラールの影響を受け、人々の日常生活を描写していった。その後30年に渡って独自のスタイルを確立していき、風俗画から風景画、騎乗画、狩猟画、宗教画など幅広い題材を扱った。特に多くの種類の馬を描写したことでも知られている。

参照[編集]

  1. ^ Philips WouwermanWouwermanは、日本語では「ウーウェルマン」、「ヴァウエルマン」、「ヴェーヴェルマン」、「ヴーヴェルマン」、「ワウワーマン」等あり定まっていないが、ここでは国立西洋美術館による表記に倣った。
  2. ^ Philips Wouwerman in the w:RKD