ゾフィー・ドロテア・フォン・ハノーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾフィー・ドロテア王妃

ゾフィー・ドロテア・フォン・ハノーファー(Sophie Dorothea von Hannover, 1687年3月16日 - 1757年6月28日)は、プロイセン王及びブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の妃。イギリス王及びハノーファー選帝侯ジョージ1世(ゲオルク・ルートヴィヒ)とリューネブルク侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘ゾフィー・ドロテアの娘。ジョージ2世の妹である。

1687年にハノーファーで生まれる。当時、ハノーファー公家はまだ選帝侯の資格もイギリス王位も獲得しておらず、父ゲオルク・ルートヴィヒはハノーファー公子という身分であった。父がハノーファー選帝侯となった後の1706年、プロイセン王フリードリヒ1世の子で従弟である王太子フリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚した。1713年、夫の即位によってプロイセン王妃となった。

子女[編集]

夫フリードリヒ・ヴィルヘルムは父王とは対照的に愛人を持たなかったが、これも両親に似ず文化や芸術に無関心で粗野な無骨者であり、ゾフィー・ドロテアとの仲も決して良好なものではなかった。それでも夫婦の間には、以下に示す14人の子供が生まれた。