フェルディナント・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント・フォン・プロイセン
フェルディナント・フォン・プロイセン

フェルディナント・フォン・プロイセン(Ferdinand von Preußen, 1730年5月23日 - 1813年5月2日)は、プロイセン王国の王族・軍人。全名はアウグスト・フェルディナントAugust Ferdinand)。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の七男で、フリードリヒ2世の弟。

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世とその妃であったイギリスジョージ1世の王女ゾフィー・ドロテア(1687年 - 1757年)の第14子(末子)として、1730年5月23日ベルリンで生まれた。

フェルディナントは1755年9月27日、姉ゾフィー・ドロテアとその夫ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの間の娘アンナ・エリーザベト・ルイーゼ(1738年 - 1820年)と結婚し、彼女との間に以下の五男二女をもうけた。

フェルディナントは1813年5月2日にベルリンで死去し、当地のベルリン大聖堂に葬られている。

先代:
カール・アルブレヒト
聖ヨハネ騎士団
ブランデンブルク大管区長

1762年 - 1811年
次代:
カール(復興)