アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・プロイセン (1722-1758)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王子アウグスト・ヴィルヘルム
プロイセン王子アウグスト・ヴィルヘルム

アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・プロイセン(August Wilhelm von Preußen, 1722年8月9日 - 1758年6月12日)は、プロイセン王国の王族・軍人。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の5男で、フリードリヒ2世の弟。

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世とその妃であったイギリス王ジョージ1世の王女ゾフィー・ドロテア(1687年 - 1757年)の間に第11子として、1722年8月9日ベルリンで生まれた。1744年には息子がいなかったフリードリヒ2世の王太弟としてPrinz von Preußenに叙されたが、兄よりも早く1758年6月12日に死去したため、王位に即くことはなかった。歿地はオラニエンブルク宮殿ブランデンブルク州オラニエンブルク)で、墓所はベルリン大聖堂にある。

子女[編集]

1742年1月6日に、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フェルディナント・アルブレヒト2世の娘でフリードリヒ2世の王妃エリーザベト・クリスティーネの妹でもあるルイーゼ・アマーリエ(1722年 - 1780年)と結婚し、以下の3男1女をもうけた。