フリーデリケ・ルイーゼ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辺境伯妃フリーデリケ・ルイーゼ
辺境伯妃フリーデリケ・ルイーゼ

フリーデリケ・ルイーゼ・フォン・プロイセンFriederike Luise von Preußen1714年8月29日 - 1784年2月4日)は、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯カール・ヴィルヘルム・フリードリヒの妃。プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世と王妃ゾフィー・ドロテアの3女として、ベルリンで生まれた。

1729年5月、同族であるブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯カール・ヴィルヘルムと結婚。4子をもうけたが、成人したのは2人だった。

なお、2年後の1731年に姉のヴィルヘルミーネが同じく同族のブランデンブルク=バイロイト辺境伯フリードリヒ3世と結婚した。