ハインリヒ・フォン・プロイセン (1726-1802)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王子ハインリヒ

ハインリヒ・フォン・プロイセン(Heinrich von Preußen, 1726年1月18日 - 1802年8月3日)は、プロイセン王国の王族・軍人・外交官。全名はフリードリヒ・ハインリヒ・ルートヴィヒFriedrich Heinrich Ludwig)だが、もっぱらハインリヒとのみ呼ばれる。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の六男で、フリードリヒ2世の弟。

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世とその妃であったイギリス王ジョージ1世の王女ゾフィー・ドロテア(1687年 - 1757年)の第13子として、1726年1月18日ベルリンで生まれた。1752年6月25日シャルロッテンブルクヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム8世の姪ヴィルヘルミーネ(1726年 - 1808年)と結婚した。しかしハインリヒは同性愛の傾向があったため夫婦関係は極めて疎遠であり、二人の間に子供は生まれなかった。

七年戦争ではフリードリヒ大王をよく助け、指揮官としての評価は高い。終戦後は外交官となり、ポーランド分割等で活躍した。またフリードリッヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュトイベンによってアメリカの大統領候補に推薦されたが、彼がその返答をする前に計画は白紙に戻された。

ベルリン大学の本館はPalais des Prinzen Heinrichと呼ばれるが、これはハインリヒの離宮が転用されたためである。