ウジェーヌ・ブーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウジェーヌ=ルイ・ブーダンEugène-Louis Boudin, 1824年7月12日 - 1898年8月8日)は、19世紀フランスの画家であり、外光派の一人として印象派に影響を与える。青空と白雲の表現に優れ、ボードレールコローから、「空の王者」としての賛辞を受ける。

生涯[編集]

ノルマンディー地方のオンフルールで水夫の子として生まれる。1835年に父親が水夫の家業をやめ、一家をあげてルアーブルに転居する。ルアーブルの地で、父親は文具商として成功し、ここで、バルビゾン派に属するトロワイヨンやミレーらの土地の画家との交流が生まれた。

1859年に、後にボードレールにブーダンを紹介することになるクールベと出会い、パリサロンへのデビューを果たしている。

また、1857年にはモネと出会い、モネに屋外で絵を描くことを教える。1874年印象派展にブーダンも出展している。

1870年代には、ベルギーオランダと南フランスを旅し、1892年から1895年には、ヴェネツィアに滞在している。

パリのサロンへの出展を続け、1881年には第3位の賞を獲得し、1889年には金賞を授与された。1892年には、レジオン・ドヌール勲章を受け、ナイトの称号を得ている。

1898年にドーヴィルで亡くなった。